2010年04月28日

今日は数が多いから略式でいくぞ

NSW、児童ポルノ取締法に強力な改定:日豪プレス オーストラリア 最新情報 シドニー メルボルン ゴールドコースト ブリスペン ケアンズ Nichigo Press 25today.com
オーストラリアも、アメリカやカナダと同じ道を歩もうとしてるようで。まぁ、日本だって他人事じゃないがな。

痛いニュース(ノ∀`):「しずかちゃんの入浴」「ワカメちゃんパンチラ」「レイやアスカのヌード」はOK…東京都、児ポ規制の基準発表
痛いニュース(ノ∀`):大阪府、「ボーイズラブ」の規制検討…ネットで話題に
痛いニュースの保田も記事が出たようで。相変わらず、無知無理解かつ無神経な差別的書き込み(推進派工作員の仕業?)が散見してるがな。

東京都、青少年健全育成条例の新旧対照表をネットで公開 -INTERNET Watch
これさ、本当なら都条例云々の話が出るより前からやっておくべきじゃないのか?そんなに見せたくなかったの?まぁ、行政によるオタク差別を合法化しようなんて後ろ暗い事やってんだもの、隠したくもなるよな(嘲笑)。

リアル図書館戦争(111)「外国人参政権」: 年刊食堂
国民主権よりも思想の自由の方が大事っていう論調は個人的に納得いかないが、書いてる内容は比較的マトモだからよしとするか。まぁ、国民主権も思想の自由も、死守しなきゃならん事に代わりはないんだけど、好き勝手に優先順位を付けられるのはなんかな、と。

ポンコツ家族の取扱いマニュアル - フェミニズムって何? 8
リアル図書館戦争(113)大阪でBL漫画誌がみせしめに: 年刊食堂
↑を完全否定するつもりはないが、一つだけ言いたい。世の中には、「男性差別↓」ってモンがある事を知ってて書いてんのかと。井の中の蛙のままで物事を書かれても困るわな。

男性差別 - Wikipedia


※動画の方も幾つかあるから貼っとくよ↓
『非実在青少年 規制を考える』緊急集会part1‐ニコニコ動画(9)




posted by ACE-MAN at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制&オタク差別問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

民主党は自民党の極左版でしかない存在だという事がよく解る

2010/04/25 外国人参政権と国会改正法:外国人参政権に反対する会・全国協議会 公式サイト
久しぶりの更新です。(更新はなくても活動してますよ)

後半国会で焦点のひとつとなっている国会改正法案ですが、外国人参政権法案とも関係があることが懸念されています。少し前に友人からもらった情報をふと思い出して、懸念では済まないことに気がつきました。ある方が、与党大幹部の某人物に、「外国人参政権は憲法違反なのではないか」とメールを送ったところ、たぶん秘書からですが、以下のような返信があったそうです。(メールをそのまま載せる訳にはいかないので、概要です)

--------------

最高裁判決は、外国人に参政権を付与するという特別法がない状態での選挙権の請求であった。したがって、憲法問題とは別の事例にたいするもので、憲法違反の判例とはいえない。この判例では不親切と考えた裁判官は、傍論に「特別法を作った場合には憲法違反とはいえない」という意見を出した。本論は直接の判例とならず、傍論が適切に答えているために説得力がある。だから学説にも支持する意見が強い。

--------------

・・・突っ込みどころが散見しますが、それは今横において。上の内容を最初に聞いたときは、「何?このご都合解釈」と思ったのと、単なるメール返信だということであまり気に留めなかったのですが、国会改正法案と繋がっているじゃないか、と今日になって気がつきました。要は、上の内容は「外国人参政権は立法してしまえばもう憲法違反じゃない」と解釈していて、その解釈を国会議員が好きなようにできるための下地として、国会法改正案が進められている。

ちゃんと外国人参政権はターゲットになっていたのです。外国人参政権法案が提出できなくて今棚上げ状態?と思いきや、しっかり別の形で進められていたわけです。

もちろん危険性は参政権だけではなく、多岐にわたる法に波及することはこちらのサイトで触れられています。
http://www37.atwiki.jp/kokkaihou/pages/1.html

各方面への周知と反対運動、皆様どうかよろしくお願いいたします。
(上記より抜粋)

国会法改正案まとめ @ ウィキ - トップページ
こちらは「国会法改正案(国会審議活性化関連法案)」の情報をまとめたサイトです。

民主党が国会法改正案の成立を目指す方針です。この「改正案」ですが、国会での参考人招致の廃止・官僚答弁(実際には内閣法制局長官のみ)の禁止が盛り込まれています。つまり、「法の番人」を国会から締め出すことで、どんな法案も憲法解釈を経ずに通し放題、犯罪についても追求出来ずにあやふやに・・という危険性をはらんだものになるということです。

言論弾圧なども「密室国会」で法案として成立されたら、どうにも出来ません。2chが本当の意味で「閉鎖危機」になろうとしています。現政権批判などしようものなら、永久にそのブロバイダが規制されます。巻き添え規制をくらった人なら、その恐ろしさがわかりますよね?
(上記トップページより抜粋)

国民に隠れて、コソコソと悪法を押し通すところは、嘗ての自公政権と何も変わらんな、ホント。一言も報道しないマスゴミ連中もそうだが。んで、この国会法改正(悪)案なんだが、俺は「民主党版共謀罪創設法案」と考えて差し支えないと思ってるんだが、どうだろうか?どう転んでも、言論封鎖・言論弾圧・言論統制に繋がるのは確実なんだから、ねぇ?


※オマケ



今更遅いとは思いたくない

posted by ACE-MAN at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制&オタク差別問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

拡散推奨:表現規制推進派やオタク差別主義者共に見せつけてやりたい記事

非実在有害図書 (内田樹の研究室)
東京都青少年健全育成条例について基礎ゼミの発表がある。「表現に対する法的規制」というものについて私は原理的に反対である。ふつうは「表現の自由」という大義名分が立てられるけれど、それ以前に、私はここで言われる「有害な表現」という概念そのものがうまく理解できないからである。

まず原理的なことを確認しておきたい。それは表現そのものに「有害性」というものはないということである。それ自体有害であるような表現というものはこの世に存在しない。マリアナ海溝の奥底の岩や、ゴビ砂漠の砂丘に、あるいは何光年か地球から隔たった星の洞窟の壁にどのようなエロティックな図画が描かれていようと、どれほど残酷な描写が刻まれていようと、それはいかなる有害性も発揮することができない。「有害」なのはモノではなく、「有害な行為」をなす人間だからである。全米ライフル協会は「銃が人を殺すのではない、人が人を殺すのだ」と主張しているが、そのワーディングをお借りすれば「有害な表現が有害なのではない、有害な人間が有害なのだ」ということである。人間だけが有害であり得る。マンガやアニメや小説が自存的に「有害」であるということは(残念ながら)不可能なのである。

間違いなく、有害性というのは人間を媒介とすることによってしか物質化しない。だとすれば「有害表現」は「人間が有害な行為を遂行するように仕向ける表現」以外での定義を受け付けない。では、どのような表現が「人間を有害な行為の遂行に導く」のか。つまりどのような表現が「ほんとうに有害」なのか。これについては定説がない。今回の条例が採用しているのは、「有害な表現は人間を有害な行為に導く」という命題である。けれども、この命題はトートロジーであり、論理的には何も言っていないのと同じである。「有害な表現」という主語はそれが「有害な行為」の主因であるということが論証されない限り、「有害」という形容詞を引き受けることができない。たしかに「有害な行為」というものは事実として存在する。性犯罪や殺人はとりあえず被害者にとっては間違いなく「有害」である。けれども、「まちがいなく有害な表現」というものはこの世には存在しない。それは、その図書なり図画に触れたことが「有害な行為」の一因であったということが証明されたあとに、遡及的にはじめてその有害性を認知される「仮説」としてしか存在しない。そして、この仮説はかつて証明されたことがない。

今回の論件をめぐる議論でもおそらく多くの人がすでに指摘していると思うので、屋上屋を重ねることになるが、だいじなことなので、もう一度繰り返す。統計が教える限り、「有害」表現規制と「有害」行為の発生のあいだには相関関係がない。よく「最近・・・な事件が増えていますが」というようなことをワイドショーのコメンテイターが口走る。「最近少年犯罪が増えていますが」とか「家庭内における殺人事件が増えていますが」と簡単に口にするが、それはその人の主観的印象に過ぎず、統計的には過半が無根拠である。というか積極的に「嘘」である。例えば、前にもこのブログで書いたが、少年犯罪は戦後一貫して減り続けており、日本は「少年犯罪が異常に少ない国」ということでヨーロッパから視察団が来るような国なのである。

「家庭内殺人」も少ない。「殺人事件全体に占める家庭内殺人の比率」は相対的に高いが、それは殺人事件そのものが減少しているからである。2007年には統計史上最低値を記録した。わが国の、殺人事件発生率は、人口10万人あたりの1件で、先進国中ではアイルランドと並んで最低である。ロシアは日本の22倍、イギリスは15倍、アメリカは日本の5倍、ドイツ、フランス、イタリアも日本の3倍である。2009年の殺人発生件数(1097件)は戦後最低を記録した。今回の条例は青少年の犯罪を憂慮して起案されたもののようであるが、少年犯罪だけを見ても、強姦件数が最多であったのは1958年の4649件であり、以後減り続け、2006年は116件にとどまっている。半世紀で「最悪の時代」の2.5%にまで減少している。

少年犯罪件数が最高であった1950年代末を私はリアルタイムで経験しているが、私の記憶する限り、1958年に街には「有害図書」を子どもたちが自由にアクセスできるような機会はなかった。もちろん、コンビニもなかったし、書店の子どもの手が届く本棚にはそんな本はなかった。エロゲーも、ポルノビデオもなかった。性に関する情報から子どもたちは遮断されていた。そのような状況のときに、少年の性犯罪発生件数が最多を記録した。この事実から私たちが推論できるのは、性犯罪の多発と「有害」図書のあいだに有意な相関は見られない、ということである。私が言いたいことは3点である。

第一に、「有害表現」というのは「有害行為」が生じたあとに、遡及的に措定されるものであり、自存的に存在するものではない。性犯罪や暴力行為は、遺伝形質によっても、家庭環境によっても、教育によっても、信教によっても、イデオロギーによっても、もちろんそうしたければ「有害表現」によっても説明可能である。けれども、それはあくまで「仮説」的な前件にすぎない。同じ環境に育ち、同じ教育を受け、同じ本を読み、同じ映画を観ても、ある人間は殺人者や強姦者になり、ある人間はそうならない。ふちぎりぎりまで水が満たされたコップに最後の一滴が加わって水があふれたときに、その一滴を「原因」だと言うことは適当ではない。そう言いたい人間は言えばよいが、それは起きた出来事についてほとんど有用な知見を含まない。

第二に、前項にもかかわらず、性交や暴力についての表現規制によって、そのような行為が効果的に抑制されたという事実は私の知る限り存在しない。それは結局のところ「有害表現」という「もの」は存在しないということである。現代世界で、性描写についての禁圧がもっとも厳しいのはイスラム圏であるけれど、女性の人権が軽視され、性暴力がもっとも激烈なのは当のイスラム社会である。現代世界で、もっとも暴力的なのはアメリカであるが、そのアメリカは1934年から68年まで、ヘイズコードによって映画での性描写と暴力がきびしく規制されていた。その表現規制はアメリカがその間太平洋戦争、朝鮮戦争、ベトナム戦争で数百万人のアジア人を殺すときには抑制的には機能しなかった。

第三に、そもそも「有害行為」が増加しているという現状認識そのものが、統計的事実を見る限り正確とは思われない。「日本はこれまで以上にきびしい表現規制が必要であるほど有害な行為が増加している」ということを統計的に証明できない限り、そもそもこのような条例についての議論は始まらないはずである。誰が、どういう根拠によって法規制の喫緊であることを証明したのか、それを東京都の関係者は開示しているのであろうか。私が言いたいことは、以上三点である。

「有害」な行為は件数がいくら減少したとはいえ、たしかに現代日本社会に厳として存在する。それを規制することは私たちの願いである。けれども、ほんとうに有害な行為を抑制したいと望むのであれば、「どのような歴史的・社会的原因によって有害行為の発生件数は増減するのか?」についてもう少し真剣に考察するところから始めてもよろしいのではないか。都庁には、それなりの人的資源があるはずである。それをどうしてもう少し世の中の役に立つことに使わないのであろうか。
(上記より抜粋)

かなり長いけども、凄く大事な事書いてるからそのまま転載させて貰った。ここまで客観的かつ論理的な反対意見は珍しいんだから、推進派を攻撃する意味でも反対派を論理武装させる意味でも、少しでも広く拡散するべきだ。今は、あわよくば規制派連中にとどめを刺せる絶好の機会。コレを逃す手はねぇぞ。

posted by ACE-MAN at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制&オタク差別問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

拡散推奨:都条例問題の緊急フォーラム開催

電脳卓吾斎:【都条例】4月23日に都条例問題の緊急フォーラム開催
「舞台裏で何が起きたか? 緊急フォーラム」開催

民主党武蔵野支部は、都議会でどのような議論があったのか、条例の問題点や今後について話し合う「サポーターズフォーラム」を開催する。同時に「青少年健全育成条例、継続審議実現への舞台裏」として松下玲子都議の都政報告も行われる。入場無料。

●日時:4月23日(金)開場18:30 開演19:00〜21:00

●場所:武蔵野公会堂 第一、二会議室。
http://www.musashino-culture.or.jp/koukaido/index.html
アクセス:JR吉祥寺駅南口から徒歩2分。井の頭公園に向かう途中にあります。

●ゲスト:山口貴士弁護士(リンク総合法律事務所)他、漫画家(現在交渉中)
(上記より抜粋)

少しでも多くの人に参加してもらえればありがたい。規制反対の声を絶やさない為にも。

posted by ACE-MAN at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制&オタク差別問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

緊急拡散:男女共同参画局から、新たなパブコメ募集が!

エロゲ販売規制問題まとめwiki - トップページ
非実在青少年に加え、アの人祭(奥村弁護士との議論や児ポ見せ等)や、日ユニ資料を公開拒否などの情報をTwitterで拡散し続けて欲しいですね。あと今回の男女共同参画中間案では福島瑞穂代表が規制派に有利な項目を幾つか削除してくださいましたが、参画会議のメンバーには規制派の回し者が依然潜んでいます。そこで「女性に対するあらゆる暴力の根絶 」のPDF http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/sanjikeikaku/chukanseiri/honbun2-8.pdf のP38・40-41の漫画、CG、ゲームなど創作物規制ならびブロッキング導入の項目への抗議を、「第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)」に関する意見募集について《平成22年4月16日(金)〜平成22年5月12日(水)》 http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/sanjikeikaku/ikenboshu.html へ送って欲しいとの事です。 -- (名無しさん) 2010-04-16 02:15:21
(上記コメント欄より抜粋)

「第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理案)」に関する意見募集について
政府では、男女共同参画社会の形成の促進に関する施策を総合的・計画的に推進するため、男女共同参画社会基本法に基づき、男女共同参画基本計画を策定しております。これまでに、平成12 年、平成17 年と2次にわたり計画が策定されており、平成22 年中には、新たな第3次男女共同参画基本計画の策定を行う予定です。

策定に当たっての基本的考え方について、現在、男女共同参画会議の下の基本問題・計画専門調査会において検討が進められており、このたび、専門調査会で取りまとめた中間整理について、国民の皆様の御意見を募集いたします。
(上記より抜粋)

新たなパブコメが来たぞ!このブログでも再三書いてるが、表現規制推進派の思い通りにさせない為にも、反対意見を少しでも多く送って欲しい。男女平等とは名ばかりの、女尊男卑社会推進計画を根絶やしにする意味でもな!


※オマケ
チラシの裏(3周目) アグネス超先生が自ら児ポ法(現行法)違反を自白した件について
オタク差別団体で有名な日本ユニセフの大使であるアグネス・チャンが、推進派の立場でありながら児童ポルノ禁止法違反行為(提供罪)をやらかしたそうで。警察に通報すれば、すぐにでも逮捕される可能性は充分あるとの事(超法規的措置で無罪放免、ってなオチになりそうだけど(嘲笑))。これが事実なら、推進派への攻撃材料になりうる。冤罪&不当逮捕の可能性を、推進派側の人間が身をもって証明してくれるとはありがたい限りだわな(嘲笑)。

posted by ACE-MAN at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制&オタク差別問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

当選は阻止できなかったが、相当な圧力にはなったと思う

チラシの裏(3周目) 【注意】4/11の京都府知事選児童ポルノ規制推進派がいます!
現職の山田氏3選 京都府知事選(京都新聞) - Yahoo!ニュース
京都府政の進路を問う府知事選が11日投開票され、無所属現職の山田啓二氏(56)が、無所属新人で医師の門祐輔氏(54)を破り、3選を果たした。投票率は41・09%で過去最低だった前回より2・65ポイント上回った。

府民の負託を受けた山田氏は、不況で悪化した府内の経済・雇用対策、医療・福祉の充実、過疎対策、地方分権の推進など、マニフェストに掲げた政策の実現に取り組むことになる。

・山田啓二(やまだ・けいじ)氏 1977年、東京大法学部卒。自治省(現総務省)に入り、内閣法制局参事官、国土庁土地情報課などを経て、99年から京都府総務部長、01年に府副知事、02年4月、府知事に初当選。全国知事会政権公約評価特別委員長を務める。京都市左京区下鴨北芝町。当選3回。
(上記より抜粋)

・・・まぁ、決まってしまったもんは仕方ない。ネチネチと責任の擦り付け合いをするよりも、少しでも事態を改善する為にこれからどうするかを考えるべきだろう。話を聞く限りじゃ、↑は表現規制云々の事をよく知らないまま推進してるクチらしいから、東京の石原や大阪の橋下なんぞとは違って、ちゃんと説得すれば反対派に寝返ってくれる可能性はある・・・と思いたい。あと、こっちのコメント欄で気になる情報が↓


エロゲ販売規制問題まとめwiki - トップページ
投票に行って下さった府民の方々、本当にありがとうございました。さて、投票率が低い訳ですから、この殆どが得意の自公組織票、相乗り票でなければならない筈です。つまり本来なら圧倒的大差で山田氏が票を独占し、門氏票は1割とれるかどうかの雀の涙でなければおかしいのです。にも拘らず

「63.2 : 36.8」

です。これは尋常じゃありません。私が自公規制派なら諸手を挙げて喜べないどころか、正直言って顔面蒼白です。もしも晴れていたら、相乗りでなかったら・・・。尚、山田氏は都条の悪辣さを理解なさっておらず、現在は創作物規制はしない考えという話もあります。どちらにしても児ポ法自体が危険です。それを理解してもらえるようなアプローチが必要だと思います。 -- (名無しさん) 2010-04-11 23:05:52
(上記より抜粋 一部改変)

これが本当なら、京都府庁の規制推進派に対して、相当な圧力となったのは目に見えてるだろう。共産推薦の候補が、これだけ得票率を伸ばしたとなればね。元々、取った票の数がモノをいう世界なんだし。まぁ、だからって、これで向こうの推進派連中が完全沈黙するとは思ってないが(嘲笑)。


※オマケ
【欺瞞情報に】東京都の欺瞞的な宣伝工作【惑わされない】: 弁護士山口貴士大いに語る
石原慎太郎率いる東京都庁の工作員連中が、色んなところで工作活動を展開してるようで。絶対に騙されるんじゃねぇぞ。ヤツらの本当の目的は、嘗ての日本や現在の北朝鮮のような恐怖政治を実現する事なんだからな。

posted by ACE-MAN at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制&オタク差別問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

そりゃ、あんだけ酷い内容ならネタにしたくもなるよな、ホント







こういうのはもっと増えるべきだよな。先月、あれだけ大物漫画家が集まって反対集会やったってのに、それを見てもまだ危機感の欠片も無いヤツがいるっつーか、俺らオタクの大半がそうなんだもの。危機感や推進派連中への監視の目を絶やさない為にも、な。現実逃避したくなるのは解らんでもないが、何かしら行動を起こさん限り、未来は変わりゃしないんだからさ。


※オマケ
エロゲ販売規制問題まとめwiki - トップページ
YouTube - INsideOUT 性描写規制 どうなる日本漫画文化
東京のアレを取り上げた番組が、また流されたらしい。実際に見たワケじゃないから何とも言えんが、規制派言いなりなマスゴミの事、推進派側の言い分ばかりを垂れ流してるだけのオタク差別番組だろうけどな、きっと(嘲笑)。

posted by ACE-MAN at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制&オタク差別問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

これを見ても、まだ規制すべきだとか言うんじゃないだろうな?

ストーカーがターゲットの夫に罪を被せるために家に侵入、児童ポルノをダウンロードして懲役刑に - GIGAZINE
アメリカで単純所持が違法となるなど、児童ポルノについては世界各国で厳しい措置が取られていますが、職場の同僚の女性をストーキングしていた男が、彼女の夫に罪を着せるために児童ポルノをダウンロードしていたことが明らかになりました。


同僚女性に対してストーカー行為をはたらいていたIlkka Karttunenという48歳の男が、つきまとっていた女性を夫と離婚させるため、その夫のパソコンを使って児童ポルノをダウンロードした罪で起訴され、懲役4年6ヶ月の判決が下されたそうです。

Karttunenは被害者一家が寝ている間に家に忍び込み、家族の共用パソコンで児童ポルノをダウンロードした上で、パソコンのハードディスクドライブを盗み、「女性の夫が児童ポルノのダウンロードに手を染めた証拠である」というメモを添えて匿名で警察へ送付したとのこと。警察はこの証拠をもって女性の夫を児童ポルノ所持の罪で逮捕しましたが、その後の捜査でKarttunenの関与が浮上したため家宅捜査を行ったところ、Karttunenのパソコンからは被害者家族の写真や夫の銀行口座に関する書類の画像、デビットカードの口座情報などといった、被害者宅の共用パソコンのハードディスクドライブに入っていたデータが保存されていたことが明らかになりKarttunenは逮捕されました。

なお、この事件の捜査を行った担当者は、自分が遭遇してきた中で最も異常な事件の1つであると語っており、Karttunenは懲役刑に加えて被害者家族への接近禁止命令、および性犯罪者登録簿に署名するように命令されたそうです。
(上記より抜粋)

俺がなんで児ポ禁法の改悪(単純所持規制&創作物規制)に反対するかっていったら、↑みたいな事態を危惧してるからっていうのが理由の一つだわな。この記事みたいに、いつ誰から性犯罪者の濡れ衣をふっかけられるか解ったモンじゃないんだもの。そんな社会の何処が暮らし易いのかって話で。人権擁護法案なんかもそうだけど、先の足利事件や志布志事件なんぞ目じゃないくらい、悪質な冤罪事件を大量生産できる悪法を平然と出してくるヤツらの気が知れないよ、ホントに。

posted by ACE-MAN at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制&オタク差別問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

コレじゃ足りない 桁をあと1つか2つは増やさないと

チラシの裏(3周目) 大阪府が結論ありきの児童ポルノの名を使った創作物規制調査をやらかす模様
橋下発言に抗議メール400件 わいせつ漫画規制で - MSN産経ニュース
18歳未満の登場人物のわいせつ描写がある漫画やアニメの販売などを規制する東京都の青少年健全育成条例改正案を受け、大阪府の橋下徹知事も府内の実態把握に乗り出すことを表明したのに対し、「表現の自由を侵害する」などとする抗議メールが400件近く府に寄せられていることが3日、分かった。府は4月中にも実態調査を始めるが、事前の反響ぶりに「規制すると決まったわけではない」と説明している。

東京都の青少年健全育成条例改正案について、橋下知事は「表現の自由は絶対ではない。失われる利益が大きいなら規制もある。子供を守るのが大人の責務で、表現の自由だけで議論を封鎖するのはおかしな話だ」と指摘。担当部署が実態把握に乗り出す。大阪府では現在でも、わいせつ描写のページが一定数を超えると有害図書として規制する全国的にも厳しい条例があり、さらなる規制には反発も根強いという。

実態把握の調査では、書店やゲーム店などの漫画本やDVDなどの内容や販売状況を分析。学識経験者や業界関係者などでつくる青少年健全育成審議会で規制の必要性を検討していく。こうした動きに対し、3月末までに届いた抗議メールは約390通に達した。ほとんどが府の規制強化を危惧(きぐ)する内容で、東京都など府外からも寄せられた。

「規制は将来漫画家になりたい少年の夢を奪う」「アニメなどで不健全な描写が青少年の健全な育成に悪影響を与えたり犯罪を誘因したりするとの考えがあるが、違うのでは」といった抗議や、「漫画など被害者がいない創作物を規制するより児童買春を規制すべき」などの反論もあるという。こうした抗議メールについて、府青少年・地域安全室は「まだ実態把握の段階で、規制すると決めたわけではない」と冷静に受け止めている。
(上記より抜粋)

嘘付くな!日ユニの下僕め!

規制ありきでやるのが見え見えだから、東京都条例改悪の時同様、みんなして抗議してんだが?そんな事も解らんのかと。まぁ、弁護士のクセして、死守しなけりゃならないはずの「表現の自由」を亡き者にする発言をしてる以上、解るわけもないか、ねぇ?あと、件数が400程度じゃ少なすぎる。少なくとも数千件以上でないと、潰すなんてのは夢のまた夢だ。「自分は無関係」とか思わないで、どんどん送ってくれよ。これを許してしまえば、一気に日本全国へ波及してしまうのは目に見えてるんだからさ。


※オマケ
表現規制について少しだけ考えてみる(仮)  【都条例】浅野克彦都議に大至急意見を送ろう!【改悪案】
青少年健全育成条例改正案について:浅野克彦(あさのかつひこ) - ブログ
第一定例会が終わりましたね。築地も青少年条例も、これから第二定例会までが大きな山場になることは間違いないでしょう。

さて、青少年条例についてですが、このブログをご覧になられている皆様にお願いがあります。賛成派の人でも反対派の人でも構いません。いわゆる、性的視覚描写物の議論をしていくなかで現物を確認しながらの作業も必要になってくるでしょう。正直、これはひどいだろうというものや、逆に、かなり刺激的な性的表現を含みながらもストーリーが素晴らしく、読ませたいと思うようなもの。そういったものの具体例を教えてください。メールでもFAXでも手紙でも構いません。

賛成派の方々、この改正案の説明を受ける段階で、成人漫画のような性的表現の刺激的なものは見ております。猪瀬副知事はツイッターで具体的な作品名を出しておりますが、皆様としても(読んだことはない人も多いと思いますが)現在の条例では規制の対象外となっているが、あまりに表現のきついものを教えてください。

反対派の方々、これまでの過程で、単純な裸やベッドシーンのみでは規制を行うつもりはないと言っています。これが、条例の文章で担保されるようにしたとして、それでも性的表現が刺激的で規制される恐れがあり、かつ内容は素晴らしいと思えるものを教えてください。社会的な評価を得ているものなら、尚、いいです。

私は何度も言うように、世の中の大部分の方々が納得できるものを作り上げたいと思っています。私1人の調査には限界があります。問題意識をお持ちの皆様(どのような立場、意見でも)からの情報を元に、調査研究をしていきたいと考えております。

具体例があった方が、他の議員に対して賛成・反対どちらにしても説得力が出てくると思いますので。制度も条例も皆さんと作り上げるものです。どうぞよろしくお願い致します。
(上記より抜粋 一部改変)

俺からもよろしく頼む

posted by ACE-MAN at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制&オタク差別問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

表現規制絡みのネタを少々

ポンコツ家族の取扱いマニュアル - 母親の皆さんに 児童ポルノ法&東京都青少年健全育成条例改正問題について
ポンコツ家族の取扱いマニュアル - 児童福祉の角度で児ポ法を語る
児ポ禁法や青環法等々、表現規制を企む悪法やその推進派の問題点を指摘するサイトは数有れど、(個人的に多少引っかかる部分はあるものの)ここまで深く掘り下げた情報を掲載してるサイトはかなり希かもしれない。児童保護や人権擁護を謳う割には、実際に被害に遭ってる子供には目もくれずにオタクを悪者扱いする日ユニやエクパット諸々に、海外から言われるままに規制規制と騒ぎ立てるばかりで、子供や親を(真の意味で)ケアなりサポートなりする制度や法案を出そうともしない政府や警察。規制派の手先と化してるマスゴミ共が、断固として報道したがらない真実がここにあると言っても過言じゃないだろうて。


「日本政府規制に乗り出すべき」 CNN「ヘンタイゲーム」批判特集 (1/2) : J-CASTニュース
まーた出して来やがったよ、こういう類の記事。もういい加減にしろっての。どんだけ、俺らオタクにとって精神衛生上よろしくない記事を連発したら気が済むんだっつーの。

【自民】学生部長自動保守こと円達也さん、少年院で掘られショタに覚醒か。割れショタ動画全リスト流出 NEWSあいむねっと 2ちゃんねるお祭りそなー
表現規制推進派の自民がこのザマじゃ、ねぇ?自分の身内であったとしても、俺らと平等に犯罪者扱いしてくれなきゃ困るぞ?俺らを「日本の恥」とまで罵る、極右議員さん方よ。

「みんなのうた」に不適切映像…DVD回収へ(読売新聞) - Yahoo!ニュース
たかが、0.1秒映ってた程度で過剰反応しすぎなんだっつーの。簡単に回収やら修正やらにゴーサインを出すNHKもNHKだけど。

posted by ACE-MAN at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制&オタク差別問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!