2008年06月09日

オタクが一番暮らし易い都道府県はどこか

いつだったか、一番暮らし易い&暮らし難い都道府県はどこか、なんて話があったが、アレはどう考えたって万人向けで、暮らし易いかどうかは医療設備とか交通の便とかを規準にして決められてる感じがする、っていうか実際そうだろう。なんで「オタクが暮らし易い都道府県」なんてのをやらないのか、誰もやらないのなら俺がやってやろう、そんな気まぐれで調べてみますた。調べたっていっても、ネット上の資料や情報から、俺の独断と偏見で決めてるだけだけどな(苦笑)。

○資料1
オタク文化の地域別階層化についての考察資料
オタ系ショップの数や同人系イベントの数、アニメの放映数なんかを見ても関東6県、特に東京がかなり強い。ついで、大阪をはじめとした関西勢が入ってる。それに比べて地方はかなり酷いな。実を言うと、一番酷いのは東北地方あたりじゃないかと思ってたんだが、↑を見る限りじゃ中部地方の一部や九州地方あたりの方がよっぽど酷いな。まぁ、どっちにしても、東京なんかと比べたら足元にも及ばないんだけどな(涙)。

○資料2
地方におけるオタク系ショップの現状-2008年版
東京・大阪・愛知が三強。他の都道府県でも、結構な数を抱えてるところはあるが、こいつらには到底かなわない。ただ、資料の文中で「アニメイト以外は『全国展開』を名乗るのはどうかと思います」とか「ネット通販は実店舗より待遇が余りにも悪いです」等と書かれている通り、アニメイト以外はほとんど地方に店舗を構えておらず、通販もあてにならないと地方在住のオタクを邪険にしてるのは相変わらず。まぁ、地方でもそれなりの場所に行けばそれなりの店は一応あるんだが、↑の三強に比べたらねぇ。中古関係の店が大半だわ、品揃えは良くないわで本当に泣けてくる(泣)。

○資料3
ブロードバンド格差が一番大きな県は、和歌山県らしいのですが、統計.. - 人力検索はてな
動画投稿サイトやネットゲーなんかをやるには必要不可欠なブロードバンド回線。以前の日記でも、「ADSLや光ケーブルがまだ来てない〜(涙)」なんて愚痴ってた事があったが、「ブロードバンド格差」に嘆いている地域は、何も俺んとこだけじゃないんだな。いつだったか、「2009年3月までにブロードバンドが使えない地域を無くす」みたいなことを、総務省だったかどこだったかが言ってたみたいだが、本当にアテになるんだかねぇ。俺だって、ネットゲーやってみたいっての。速くしてくれねぇと、サービス終わっちまうだろうがよ!

○オマケ
【2ch】日刊スレッドガイド : 男がはまっていても許せる趣味ランキング
その人の趣味嗜好だけで優劣決めてんじゃねぇよ(怒)。

【2ch】ニュー速クオリティ:もしも、都道府県が1つのクラスだったら・・・
××県が貧乏人の苦学生っていうのはガチなのね・・・(嘲笑)。

結論としては、「オタクが住み易い(活動し易い)かどうか」という事を考えると、東京・大阪・愛知が無難なのかな?って思っちゃうよねぇ、↑を見る限りじゃ。でも、実際はもっと細かい要素まで考慮に入れなくちゃならないし、「住めば都」なんて言葉もある通り、実際にそこに住んでる人の尺度にもよるからなぁ。あくまで、1つの目安であって、正確な答えではない、っていうのは確かだ。

※貴方がオタクであるなら、「奈良県」にだけは絶対に行かない方が良い。理由が知りたいなら「青少年健全育成条例」や「迷惑行為防止条例」なんかで検索してみるといい。「奈良県」がどれだけオタク(男性や中高生)を蔑む様な事をしているか解る筈だ。(↑にあげた三強も、奈良県ほどではないが、結構似たような事してる)

posted by ACE-MAN at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!