2008年05月25日

タイムアタックを極めたい

ゲームを極める方法の1つとして、どれだけ早くクリア出来るかを競う「タイムアタック」がある、というのは以前の日記にも書いたとおり。ほとんどのゲームで実行できるため、一度ぐらいは挑んだ事があるというゲーマーも少なくないだろう。かくいう俺も、今までに何度か挑んでみたクチだが、クリアタイムを縮めるというのは予想以上に難しい。陸上の短距離走やカーレースなんかと一緒で、たった一分一秒縮めるだけでも、相当苦労する。ゲームの攻略本なんかでも、最近は最速クリアの手順やプレイタイムを載せていたりするが、何が良くないのか全く届かない。何度やっても、必ず十数分ほど差がついていしまう。攻略本の記事や、「わいわい芸夢館」のような攻略サイトも参考にしているのだが、一向にタイムが向上しない。何故だろう?

例として、BIO HAZARD2の「The 豆腐 Survivor」を挙げてみよう。俺の自己記録は3分4秒、最速タイムは2分2秒(「わいわい芸夢館」より 2008年5月現在)、一分以上も差がある。一応、サイトにアップされている動画も見たし、その通りにやればもう少しタイムが縮まるかと思ったのだが・・・やっぱり、現実はそう甘くない。もっとタイムを縮めたいのなら、常にインコースを取れるような操作テクニックが必要だし、戦闘や回避を手早く済ませるためには運も必要になる。それこそ、プロ並みに練習や訓練を積まなければ、あんなタイムは出せないという事か。

自分は結構上手い方だと思っていても、ネットなんかで周りを見てみれば「上には上が居る」とでも言うのか(「井の中の蛙大海を知らず」とも言うな)、俺よりも腕が上なゲーマーは数え切れないほど居る。特に、「スタジオベントスタッフ」のような、攻略本制作のスタッフなんかには、本当に脱帽させられる。何せ、発売前だとか発売直後の前情報が全く無い状態で、しかもたった1〜2ヶ月ほどで、攻略本に載せられるほどのタイムを叩き出している(らしい)のだ。攻略本のスタッフならではのプレイ方法でもあるのだろうか?まぁ、とにもかくにも、タイムをもっと縮めたいのなら、それこそ寝る間を惜しんで練習する、ぐらいの意気込みが必要なんだろうが、俺の場合、そこまで行く前に心が折れそう・・・。こんなんじゃ、本当の意味で極められるのは何時の日になる事やら。

posted by ACE-MAN at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!