2008年05月12日

二次元キャラもペットも猫がいい

隠すほどの事でもないが、俺は大の猫好きである。その影響でか、マンガ・アニメ・ゲームのキャラ、いわゆる二次元キャラでもネコミミが好きだったりする。たまたま入手したゲーム(特にギャルゲー)に、ネコミミキャラがいてくれたらラッキー!な程度でしかないけどな(笑)。

今まで俺んちで飼っていたペットを挙げてみると、以外や以外、かなりの数がいた。(ちなみに、俺が生まれる辺りから今までの、2〜30年ほど。今は1匹もいない(涙))

犬×1、猫×7、ハムスター×3、シマリス×1

うちの爺ちゃん婆ちゃんが若かった頃には、兎や鶏、牛までいたとか。うちは農村の隅っこ&そこそこの地主だったらしいからかも。ムツゴロウさんの動物王国とまではいかないが、多い時には相当な数がいた俺んち。その中で、一番印象に残っているのはやっぱり猫。特に、中学時代に飼っていた4匹の仔猫達の事が、今でも忘れられない。

あれは、中学1年の秋頃だったろうか。夜中、外がやけに騒がしいと思ったら、家の敷地内に猫が入り込んでた。様子を見に行っても、さして逃げる様子もなく、ただ「家の中に入れてくれ」と言わんばかりにニャーニャー鳴いてたっけ。家族の中には猫嫌いも猫アレルギー持ちもいなかったもんで、「庭に住まわせる」という形で飼う事になった。なんで家の中じゃなかったのかというと、うちの婆ちゃんが「糞するから家の中に入れるな!」と執拗に言い張ったため。動物なんだから排泄するのは当然だろうに、一体何考えてんだか(汗)。

最初は2匹だけだったのが、どこからやってきたのか、最終的に3匹に増え(4匹目が来る前に1匹が事故死した)、今と比べると庭の中が随分と賑やかだった。その中で、1匹だけ俺にやたら懐いた猫がいた。「クロ」と名付けられたオスの黒猫だ。他の3匹もそうだったが、特に何かしたわけでもないのに、やたら人懐っこかった。そのうえ、どうやって嗅ぎ付けたのか、自分の部屋やトイレの中にまでやってきたこともあった。まぁ、俺はこの頃から猫好きの気があったもんだから、追っ払うどころか抱き上げてナデナデしてたわけだが。こんな調子で2年間を一緒に過ごしてたもんだから、4匹ともいなくなってしまった今では、本当に寂しくてしょうがない。だって、あんな環境にいて、猫好きにならない方がおかしいだろうよ。

もう1つ、俺を猫好き(というか二次元&ネコミミ好き)にさせてしまったものがある。↓のサイトを見て欲しい。(注:ちょっとエッチだよ(笑))

Sky Lounge Garden

『友屋勘九郎』という人が運営しているサイト。コミケなんかで、頻繁にCG集を出してる。初めてサイトを見た時は感動モノだったなぁ。今までいろんなネコミミキャラを見てきたけど、やっぱり、この人が描くネコミミキャラ(にゃーメイド)が一番だな!ただ、俺の場合はCG集の入手が絶望的なのと、ギャルゲーのキャラデザや原画マンといった仕事の依頼は全部断ってるらしい。前者は俺自身の問題だからしょうがないとしても、後者の方はやれば絶対売れると思うんだけどねぇ。

最後に、俺のグチというかお願い。今までの記事にも散々書いたけど、俺は現在地方に住んでます。しかも、かなり田舎の。それゆえ、イイ漫画・アニメ・ゲームに出会える機会がほとんどなく、少々欲求不満気味になっております。もし、ネコミミキャラが出てるものでお勧めのものがありましたら、是非教えてください。何も御礼出来ませんけど(苦笑)。

※Seesaa ブログの運営スタッフさんへ。↑のサイト、ここに載せていいもんかどうか迷ったんだけど、サイトのトップページには「成年向け」とかの記述は無かったですし、良いですよね?ね?

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!