2008年05月01日

taspoの導入に「異議あり!」

2008年5月1日、本日付で「taspo」の導入が開始された。このブログを呼んでくれている皆さんの中にも、CMや広告などで見聞きしたという方がいるんじゃないだろうか。

taspo公式サイト

「未成年者の喫煙防止」ということで作られたらしいのだが、実のところ、俺はコレの導入に前々から反対だった(ちなみに、コレが導入されることを始めて知ったのは2,3年前の秋頃)。その理由の1つが、「実家が煙草農家である」ということ。俺の実家に限らず、付近一帯の殆どで煙草を生産しており、それを業者に売ってで収入を得ている。2003年頃の「健康増進法」もそうだったが、いつも「煙草を吸わない人」が優先され、「煙草を吸う人と煙草を生産する人」は嫌と言うほど蔑ろにされる。喫煙と煙草の生産が重大な犯罪だとでも言わんばかりにだ。タダでさえ収入が少ないというのに、↑の所為で煙草が売れなくなったりしたら、俺たちの生活は誰が保障してくれるんだろう?
もう1つが、「個人情報」について。taspoを正規に入手するには申請、つまり「個人情報を晒さなきゃならない」っていうことだ。数日前の日記でも取り上げた地上デジタル放送もそうなんだが、本当は「国民の個人情報を効率よく収集する」のが目的なんじゃないかと邪推してる。このまま放っておいたら、年齢制限があるサービスや商品を購入するときは、taspoの様に個人情報を晒さなければ手に入らないICカードや証明書が必須になり、「いつどこで何を買ったかを常に監視される」様な世の中になってしまうんじゃないか、とも。本当にそうなってしまったら、日本は終わりだけどな。
taspoに関しては、問題点はまだまだある。ここに「Googleでの検索結果」へのリンクを張っておくんで、皆さんも是非目を通していただきたい。近い将来起こるかもしれない、最悪の事態を回避するためにも。

posted by ACE-MAN at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!