2008年04月27日

完全(?)我流・ゲームを骨の髄まで楽しみ尽くす方法

今回は、俺が自分なりに考えたゲームを十二分に楽しみ尽くす方法を公開してみようと思う。新しいゲームを始めるときなどの、参考にしていただければ幸いだ。

1.ゲーム購入時
新しくゲームを買うときは、なるべく情報などは入手しないようにしている。断片的な情報から得られた先入観だけで、買うソフトを選んだりしないようにするためだ。「流行ってるから」「周りのみんなもプレイしてるから」ではなく、「自分自身が欲しいと思った」「自分自身が面白そうだと思った」で選んだ方が何倍も楽しめるはずだ。

2.初回プレイ時
最初にプレイするときは、極力攻略本やネットの攻略情報に頼らないようにしている。RPGやADVをやるときなんかは特にそうで、初回プレイは必ず純粋にシナリオやギミックを楽しむ事に終始している(ACTのように難易度が選べる場合は、必ず一番簡単な難易度から始めてる)。なぜって、いわゆる「ネタバレ」が嫌だからに決まってる。ゲーム自体の面白さを半減させてしまうばかりか、プレイする気すら削いでしまう事になりかねないしな。

3.2〜4週目
ここからは攻略本や攻略サイトを解禁して、初回プレイ時に見落としていた部分なんかをチェックしながらプレイする。出来ることなら、最初から最後までそういうものに頼らずプレイしたいものだが、さすがに自分ひとりで全てをチェックするのは限界がある(RPGならレアアイテムの情報や敵のステータス、格闘ACTならキャラごとの対人戦攻略やゲームシステムの活用術等)。それに、攻略本なら開発者側しか知り得ない情報やテクニックまで掲載されている事が多く、非常に頼りになる(発行している会社にもよるが)。できるだけ、ゲーム購入時に攻略本も一緒に手に入れておきたいところだ。

4.5週目〜完全にやりつくして飽きるまで
ここからは、いわゆる「やりこみプレイ」や「極めプレイ」をする。RPGなら低レベルクリアや最速クリア、ACTなら高難易度モード制覇やノーダメージクリア、ADVなら複数キャラ同時攻略やテキスト100%読破等々。ゲームの内容にもよるが、やろうと思えばいろんなプレイが出来る。「一回クリアしたから」「もうコンプリートしたから」などといって投げ出したりせずに、いろんな目標や制限を課してプレイすれば、また新しい楽しさを発見できるかもしれませんよ?

スタジオベントスタッフ、ここが製作した攻略本は非常に役に立つ。攻略情報はもとより、隠し要素や裏テクニック、やりこみプレイ指南などゲームを遊びつくすのに最適な情報がこれでもかと言うほど詰め込まれている。他と比べると値段が少々張るうえに、一部のメーカーのゲームしか扱っていないが、一度手にしたら、きっと手放せなくなるはずだ。

posted by ACE-MAN at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!