2011年03月19日

一体どんな取材したら、ここまで迫真に迫る漫画が描けるのかと

漫画「白竜LEGEND 原子力・マフィア編」がタイムリーすぎてお蔵入りに - ゴールデンタイムズ

極道マンガが原発事故を予言? - メンズサイゾー
「週刊漫画ゴラク」を発行する日本文芸社が、東北関東大震災の被害状況を鑑み、同誌で連載中の極道マンガ『白竜〜LEGEND〜』(原作・天王寺大/劇画・渡辺みちお) の「原子力マフィア編」を中断すると発表した。冷徹なヤクザでありながら子どもにも慕われる優しさを持つ"白竜"こと白川竜也の活躍を描いた同作は、ヤクザ同士の利権争いや抗争といった定番ネタだけでなく、テーマパーク建設に絡んだ癒着・不正、医療界の闇など社会派のテーマも扱ってきた。今回、あまりにも現実問題とリンクしてしまったため、中断という事態になったようだ。 大地震発生当日の11日に発売された3月24日号では、海辺で記者が白竜たちを前に、『東都電力』という電力会社と原発の闇について語っている。

描かれたのが原発事故発生前だったにも関わらず、「原発の内部じゃな...マスコミに発表されない事故が頻繁に起こっているんだッ!!」「それらをすべて...金と権力によって覆い隠しているのが、東都電力の体質だッ!!」「原発の配管技術は化学プラントと比べると15年遅れている」「原発は多重構造になった下請けシステムで成り立ってるんだ!!」「しかも、その工事現場はずさん極まりない!」「原発はいわば配管で出来ている発電システムなんだ。この中の主要配管が吹っ飛べば、チェルノブイリ級の原発事故が起こる!!」など衝撃的なセリフが次々と飛び出している。

下請けへの過度なピンハネに対して、極道たちが「ひでえ...ヤクザでもそこまではしねぇぞ!」と憤る姿はシュールでもあるが、あくまで脚色したフィクションであるものの、驚くほど現実の原発問題とリンクしていると思える内容である。さらに驚くことに「原子力マフィア編」の以前には、相撲界における野球賭博の横行を描き、ヤクザが介入した相撲の八百長にテーマが移っていった最中に、現実に相撲の八百長問題が発覚したこともあった。原作者の天王寺大は、人気マンガ『ミナミの帝王』の原作を手掛けていることでも知られるが、恐ろしいほどの予測ぶりだ。
(上記より抜粋)

原作者の天王寺大って人は、予言者か何かかよ?よくまぁ、ここまでタイムリーなのが出せたよな、ホント。まるで、今問題になってる福島の原発事故が起こる事を、前々から知ってたかの様な感じだし、うん。けどさ、いくらなんでも連載中止までする事無かったんじゃないか?他にも、地震の影響を鑑みて、なんて言って中止だの延期だのしてるトコあるけど。命にかかわる事態になりかねないとかいう理由でもあるなら兎も角、マンガやゲームまで制作中止ってのは流石に行き過ぎな気がするんだがなぁ。


※オマケ
表現規制について少しだけ考えてみる(仮)  【大阪版】青少年健全育成条例の改正に関する追記と対策
明日もやられやく:震災騒ぎのどさくさに紛れて大阪府議会、青少年健全育成条例一部改正を全会一致で可決
地震絡みの話題にかき消されそうだから、敢えて今日も載せる。宮城や京都の方も忘れずにな。しかしまぁ、いくら「憎まれっ子 世に憚る」なんて諺があるって言ったって、限度ってモンがあるだろうよ。こんな不謹慎極まりない事するヤツは、さっさと知事の座から引きずり下ろすべきだな。俺らの未来の為にも。

nohohon-cafe 【意味不明】プロ市民団体「原発大事故が起きたから原発とポルノを禁止しろ」
ホントにワケわかんねぇ(怒)

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!