2011年01月17日

ウソツキと犬神憑き




ウソツキと犬神憑き

『ウソツキと犬神憑き』は和風伝奇ビジュアルノベルです。物語の舞台は、現代の日本、自然が色濃く残るどこかの小さな町。私たちが知っているごくありふれた景色と少し違うのは、この世界に人間以外のモノ――鬼(キ)と総称されている、妖怪や鬼などの魑魅魍魎が普通に同居している、ということです。

妖怪のほとんどは人間に危害を加えることはありませんし、多くの一般の人々には、その姿は見えることはありません。しかし時に、霊障であったり、神隠しであったりと、人間に対して「危害」が表面に現れることもあります。神社の神主と兼業で拝み屋(霊媒師)を営む主人公(プレイヤー)の父親は、人々から持ち込まれるそういった霊現象や妖怪たちのいたずらを解決しています。

ゲーム中では父親が留守にする夏休みの一ヶ月間、主人公がその役目を担うこととなりました。ゲーム中の一日につき、一話完結タイプの話を積み重ねていくのが基本ですが、ルート分岐後などは、連続した話となります。ゲーム途中に挿入される選択肢などを選びつつ、物語を最後まで読み進めることで、最終的にヒロインの内の誰かと結ばれ、エンディングをむかえる事になります。プレーヤーの元に舞い込む数多くの依頼をこなしながら、人と妖怪たちが織り成す、ふしぎな夏の物語をお楽しみください。

posted by ACE-MAN at 01:43| アフィリエイトリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!