2010年12月11日

角川書店に続いて、アニメフェアボイコットが続々と

角川書店や講談社、集英社などのコミック10社会が東京国際アニメフェアへの参加拒否を発表 - GIGAZINE
緊急声明
   平成22年12月10日

12月7日深夜、角川書店の井上伸一郎社長がツイッターで表明した「東京国際アニメフェア2011」への出展取りやめは、瞬く間にネット上で大きな反響を巻き起こしました。言うまでもなく、同アニメフェアの実行委員長は石原慎太郎東京都知事です。石原都知事は、今回の「東京都青少年健全育成条例」改正に関して、たびたび漫画や漫画家に対する不誠実で無理解な発言を繰り返し、同改正案の成立を突き進めております。「東京都青少年健全育成条例」改正に関しては、規制の対象が極めてあいまいであるとして多くの議論を呼び、本年6月に否決されたことは、周知の事実です。こうした改正案に新たに修正を加える場合、その内容と条文をあらかじめ公にして、議論を尽くすべきですが、今回、都側は、そのようなことを一切実施していません。この改正案は、最も重要視されるべき漫画家やアニメ制作者との話し合いが一度も行われないまま、今日に至っております。また、提出された改正案についても、これまでの出版界と都当局との話し合いの歴史を踏みにじるものであり、規制の対象は依然あいまいで、むしろ拡大さえしています。こうした経緯を踏まえれば、当事者である漫画家やアニメ制作者が、都側の一連の行動および改正案に強い怒りと不信感を抱くのは当然です。漫画家・アニメ制作者の、漫画やアニメの未来を憂える発言に対して、本来ならば石原都知事と都当局は、真摯に耳を傾けるべきだと考えますが、それさえ行おうとせず、事実誤認に満ちた不誠実な発言を繰り返し続けています。我々は、こうした石原都知事および都当局の、漫画・アニメ制作者たちに対する敬意に欠けた態度に強い不信感を抱かざるをえません。このような状況において、石原都知事が実行委員長として開催しようとしているアニメのイベントに賛同し、行動をともにすることは到底できるものではありません。我々は、「東京国際アニメフェア2011」への協力・参加を断固、拒否します。

   以上
   コミック10社会
   秋田書店 角川書店 講談社 集英社 小学館
   少年画報社 新潮社 白泉社 双葉社 リイド社
(上記より抜粋)

いいぞ、もっとやれ!
角川の英断に続けとばかりに、続々と賛同する出版社が出てきてるそうで。しかも、↑以外にも不参加を表明する企業はまだまだ出るらしいとの事。まぁ、主催が差別主義者の石原都知事なんじゃ、当然の結果だわな。むしろ、今までこういう動きが出なかったのが不思議なくらいで。ちなみに、当の都知事本人はというと、「勝手に自分で決めれば?条例に関係あるか分からない。ご自由に」だとよ。


※オマケ
Twitter / くりした善行: さきほど青少年健全育成条例の改正について都議会民主党 ...
マスゴミ共が「都議会民主が賛成に回った」とほざいてる様だが、実際はまだ態度を決めかねてるそうで。まぁ、今まで表現規制問題に関わってきた人なら、マスゴミの言う事がいかに信用出来ないか解ってるとは思うけどね。とりあえず、結果が出る15日までは絶対に諦めないで頑張っていかんと、なぁ?

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制&オタク差別問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!