2010年11月22日

号外:やっぱり、何も変わっちゃいなかった

新たな非実在青少年条例案が出た

http://yama-ben.cocolog-nifty.com/20101122seishounenjourei.pdf

予想通り、「非実在青少年」とかの文言を無くしたり、言い回しや単語を別のモンに置き換えたりしたくらいで、実質何も変わってなかったっつーか、前の案よりも更に拡大解釈が可能になってるぞ、コレ。推進派の連中め、何で否決されたのかがちっとも理解出来てないようだな(そもそも、理解するつもり無さそうだが)。次の定例議会まで、もうそんなに時間が無いんだから、推進派の都議に抗議文送るなり、反対派の都議にちゃんと反対してくれるよう釘指しておくなりしといてくれよ。今の反対派にゃ、3月や6月の時程の勢いはもう無いんだから、少しでも勢い付かせておかないと、冗談抜きでヤバイんだから。みんな頼んだぞ。

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制&オタク差別問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!