2010年09月08日

とりあえず、決戦は12月に延期になったみたいだが・・・

asahi.com(朝日新聞社):性描写漫画販売規制案、議会への再提出見送りへ 東京都 - 社会
過激な性描写を含む漫画などの子どもへの販売を規制する、東京都の青少年健全育成条例改正案の9月都議会への再提出が、見送られる見通しになった。条例案は6月議会で民主党など都政野党の反対で否決され、都が再提出をめざしていた。現時点で野党の賛成が得られるめどが立たないという。12月議会での提出をめざす。

改正案は3月議会で過半数を占める野党会派が「条文の内容があいまいで、表現の自由を侵す恐れがある」などと反発して継続審議になり、6月議会で否決された。都は9月議会に向けて規制の範囲を明確にするなどの条文修正を検討したが、民主党などとの調整がつかなかった。都幹部は「9月議会の開会までに野党の理解を得られる条文はまとめられない。開会中に提案する方法もあるが、それでは審議時間が足りず提出は難しい」と話している。
(上記より抜粋)

都条例改正案:9月議会提出見送りか - 毎日jp(毎日新聞)
東京都が検討している青少年健全育成条例の改正案が、21日開会の都議会9月定例会に提出されず、先送りされる公算が大きいことが分かった。6月定例会で反対に回った都議会最大会派の民主の理解が得られず、7日に各会派に説明した提出予定案件に盛り込むことができなかった。都側は「引き続き提案への努力を続ける」としている。改正案は、18歳未満の性的行為を過度に描いた漫画の子供への販売を規制する内容。
(上記より抜粋)

エロゲ販売規制問題まとめwiki - トップページ
自公が改正案を提出するなら12月の議会の方が都合が良いと発言があったはず、飛ばし記事の可能性があるが最も危険なのが12月だと思うべき。反対派は一方的な規制派論に迷わせないように「漫画・アニメ・ゲームのキャラクターは人でなく児童でもないこと」「漫画・アニメ・ゲームが性犯罪者から子どもを守る防火壁の役割があること」「規制した国が裏目規制になっていること」など強く広める必要がある。マスコミがあてにならないならチラシでも配るべきだろうね。あと子どもを味方につければかなり心強い。 -- (名無しさん) 2010-09-08 11:30:48
(上記コメント欄より抜粋)

未だ飛ばしの可能性を捨てきれぬ故、まだ鵜呑みには出来んがね。どちらにせよ、今月から年末年始にかけて、東京都庁の規制派連中が猛攻を仕掛けてくるのは変わらんだろうし、俺らオタク(反対派)もそれに受けて立つまでだがね。ハァ、去年もそうだったが、今年も陰鬱な年末年始になりそうだわ、ホント(鬱)。


※オマケ
チラシの裏(3周目) さぁ、再戦の準備だ(東京の都条例)+また男女参画か
チラシの裏(3周目) ここまで稚拙で露骨な印象操作久々にみた(産経非実在地獄変)
ここ最近の表現規制や女尊男卑推進法案の動向や、マスゴミ共のやりたい放題ぶりのまとめ。どいつもこいつも、悪い意味で相変わらずだわな、ホント(怒)。

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制&オタク差別問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!