2010年07月22日

コレが原因で、クリプトンが金の亡者と化したりしなきゃいいんだが

ねとらぼ:iTunesのボカロ曲、売り上げの3割が米国から - ITmedia News
iTunes Storeで販売されている初音ミクなどVOLALOID楽曲の売り上げの3割が米国から――クリプトン・フューチャー・メディアが公式Twitterで、こんなデータを明らかにした。

iTunes Storeで販売されている初音ミクなどVOCALOID(ボカロ)楽曲の売り上げの3割が米国から――クリプトン・フューチャー・メディアがVOCALOIDソフトの公式Twitterで、こんなデータを明らかにした。今年に入って急激に米国からの購入が増えており、「理由はハッキリしていない」という。今後、理由を調査し、報告したいとしている。「英語メディアでの展開も増やす方向で大手メディアとも具体的な調整をしている」そうだ。
(上記より抜粋)

海外で支持されるボーカロイド iTunes売り上げは米国が3割 :教えて君.net
iTunesで販売されているボーカロイドの楽曲が、米国で売れているらしい。クリプトン社のTwitterによると、今年になってから米国での売り上げが全体の30%を占めているとのこと。理由は不明で、急遽調査を行いたいとしている。

米国でのボーカロイド人気について、同Twitterでは、日本のコンテンツ(日本語の楽曲)の需要の一環ではないかと分析している。また、ほかにもオーストリアの有名なメディアアート系芸術祭からも問い合わせがあった模様。今後のグローバルな展開に期待しよう。
(上記より抜粋)

ボカロの初音ミクやら鏡音リンやら巡音ルカやらが、海外から高評価を得てるっていう話自体は、俺にとっても喜ばしい話ではあるんだが、一つ気になる事が有ってねぇ。あのクリプトンが、いつだったか「ボーカロイドを使用した全ての楽曲の著作権は、楽曲制作者ではなくクリプトンにある」みたいな事を宣ってたもんだからさぁ、ジャスラックや文化庁みたいに金の亡者化するんじゃねぇかってちと不安なんだが。俺の杞憂に終わってくれればそれで良いんだが、なぁ?


※オマケ
週刊新潮がラブプラスを批判 『「ゲーム内恋人」と温泉一泊 「チェリーボーイ」一体何が楽しいか!』 - かくれオタのブログ
週刊新潮の記者共はいっぺん死んで来いや(怒)。そんなに俺らを異常者扱いして楽しいか、あぁん?

表現規制について少しだけ考えてみる(仮)  【暫定版】業界団体に意見を送ろう!
ネット上の個人だけじゃ、どうしたってやれる事に限界がある。どうにか、業界団体の方に動いて貰えるよう、色々と働きかけて欲しい。レイプレイ騒動の時に、オタク差別主義者共の圧力に屈して光速土下座したソフ倫の二の轍を踏ませない為にもな。

「青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例(案)」に対するご意見をお寄せください。−京都府ホームページ
数ヶ月前の京都府知事選挙の時に、バリバリの表現規制推進派(オタク差別主義者とも言う)の候補が当選したもんだから、いつかは来ると思ってたんだが、ようやくか。まぁ、石原や橋下と同類である以上、ロクな内容じゃないのは確かなんだから、どんどん反対意見を送って欲しい。あと、案の内容は↓を見てくれ。
http://www.pref.kyoto.jp/seisho/resources/1278923330406.pdf

「プライバシーを最大限に守る」として反著作権団体がプロバイダを立ち上げへ - GIGAZINE
いいぞ、もっとやれ!

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!