2010年04月08日

これを見ても、まだ規制すべきだとか言うんじゃないだろうな?

ストーカーがターゲットの夫に罪を被せるために家に侵入、児童ポルノをダウンロードして懲役刑に - GIGAZINE
アメリカで単純所持が違法となるなど、児童ポルノについては世界各国で厳しい措置が取られていますが、職場の同僚の女性をストーキングしていた男が、彼女の夫に罪を着せるために児童ポルノをダウンロードしていたことが明らかになりました。


同僚女性に対してストーカー行為をはたらいていたIlkka Karttunenという48歳の男が、つきまとっていた女性を夫と離婚させるため、その夫のパソコンを使って児童ポルノをダウンロードした罪で起訴され、懲役4年6ヶ月の判決が下されたそうです。

Karttunenは被害者一家が寝ている間に家に忍び込み、家族の共用パソコンで児童ポルノをダウンロードした上で、パソコンのハードディスクドライブを盗み、「女性の夫が児童ポルノのダウンロードに手を染めた証拠である」というメモを添えて匿名で警察へ送付したとのこと。警察はこの証拠をもって女性の夫を児童ポルノ所持の罪で逮捕しましたが、その後の捜査でKarttunenの関与が浮上したため家宅捜査を行ったところ、Karttunenのパソコンからは被害者家族の写真や夫の銀行口座に関する書類の画像、デビットカードの口座情報などといった、被害者宅の共用パソコンのハードディスクドライブに入っていたデータが保存されていたことが明らかになりKarttunenは逮捕されました。

なお、この事件の捜査を行った担当者は、自分が遭遇してきた中で最も異常な事件の1つであると語っており、Karttunenは懲役刑に加えて被害者家族への接近禁止命令、および性犯罪者登録簿に署名するように命令されたそうです。
(上記より抜粋)

俺がなんで児ポ禁法の改悪(単純所持規制&創作物規制)に反対するかっていったら、↑みたいな事態を危惧してるからっていうのが理由の一つだわな。この記事みたいに、いつ誰から性犯罪者の濡れ衣をふっかけられるか解ったモンじゃないんだもの。そんな社会の何処が暮らし易いのかって話で。人権擁護法案なんかもそうだけど、先の足利事件や志布志事件なんぞ目じゃないくらい、悪質な冤罪事件を大量生産できる悪法を平然と出してくるヤツらの気が知れないよ、ホントに。

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制&オタク差別問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!