2010年04月04日

コレじゃ足りない 桁をあと1つか2つは増やさないと

チラシの裏(3周目) 大阪府が結論ありきの児童ポルノの名を使った創作物規制調査をやらかす模様
橋下発言に抗議メール400件 わいせつ漫画規制で - MSN産経ニュース
18歳未満の登場人物のわいせつ描写がある漫画やアニメの販売などを規制する東京都の青少年健全育成条例改正案を受け、大阪府の橋下徹知事も府内の実態把握に乗り出すことを表明したのに対し、「表現の自由を侵害する」などとする抗議メールが400件近く府に寄せられていることが3日、分かった。府は4月中にも実態調査を始めるが、事前の反響ぶりに「規制すると決まったわけではない」と説明している。

東京都の青少年健全育成条例改正案について、橋下知事は「表現の自由は絶対ではない。失われる利益が大きいなら規制もある。子供を守るのが大人の責務で、表現の自由だけで議論を封鎖するのはおかしな話だ」と指摘。担当部署が実態把握に乗り出す。大阪府では現在でも、わいせつ描写のページが一定数を超えると有害図書として規制する全国的にも厳しい条例があり、さらなる規制には反発も根強いという。

実態把握の調査では、書店やゲーム店などの漫画本やDVDなどの内容や販売状況を分析。学識経験者や業界関係者などでつくる青少年健全育成審議会で規制の必要性を検討していく。こうした動きに対し、3月末までに届いた抗議メールは約390通に達した。ほとんどが府の規制強化を危惧(きぐ)する内容で、東京都など府外からも寄せられた。

「規制は将来漫画家になりたい少年の夢を奪う」「アニメなどで不健全な描写が青少年の健全な育成に悪影響を与えたり犯罪を誘因したりするとの考えがあるが、違うのでは」といった抗議や、「漫画など被害者がいない創作物を規制するより児童買春を規制すべき」などの反論もあるという。こうした抗議メールについて、府青少年・地域安全室は「まだ実態把握の段階で、規制すると決めたわけではない」と冷静に受け止めている。
(上記より抜粋)

嘘付くな!日ユニの下僕め!

規制ありきでやるのが見え見えだから、東京都条例改悪の時同様、みんなして抗議してんだが?そんな事も解らんのかと。まぁ、弁護士のクセして、死守しなけりゃならないはずの「表現の自由」を亡き者にする発言をしてる以上、解るわけもないか、ねぇ?あと、件数が400程度じゃ少なすぎる。少なくとも数千件以上でないと、潰すなんてのは夢のまた夢だ。「自分は無関係」とか思わないで、どんどん送ってくれよ。これを許してしまえば、一気に日本全国へ波及してしまうのは目に見えてるんだからさ。


※オマケ
表現規制について少しだけ考えてみる(仮)  【都条例】浅野克彦都議に大至急意見を送ろう!【改悪案】
青少年健全育成条例改正案について:浅野克彦(あさのかつひこ) - ブログ
第一定例会が終わりましたね。築地も青少年条例も、これから第二定例会までが大きな山場になることは間違いないでしょう。

さて、青少年条例についてですが、このブログをご覧になられている皆様にお願いがあります。賛成派の人でも反対派の人でも構いません。いわゆる、性的視覚描写物の議論をしていくなかで現物を確認しながらの作業も必要になってくるでしょう。正直、これはひどいだろうというものや、逆に、かなり刺激的な性的表現を含みながらもストーリーが素晴らしく、読ませたいと思うようなもの。そういったものの具体例を教えてください。メールでもFAXでも手紙でも構いません。

賛成派の方々、この改正案の説明を受ける段階で、成人漫画のような性的表現の刺激的なものは見ております。猪瀬副知事はツイッターで具体的な作品名を出しておりますが、皆様としても(読んだことはない人も多いと思いますが)現在の条例では規制の対象外となっているが、あまりに表現のきついものを教えてください。

反対派の方々、これまでの過程で、単純な裸やベッドシーンのみでは規制を行うつもりはないと言っています。これが、条例の文章で担保されるようにしたとして、それでも性的表現が刺激的で規制される恐れがあり、かつ内容は素晴らしいと思えるものを教えてください。社会的な評価を得ているものなら、尚、いいです。

私は何度も言うように、世の中の大部分の方々が納得できるものを作り上げたいと思っています。私1人の調査には限界があります。問題意識をお持ちの皆様(どのような立場、意見でも)からの情報を元に、調査研究をしていきたいと考えております。

具体例があった方が、他の議員に対して賛成・反対どちらにしても説得力が出てくると思いますので。制度も条例も皆さんと作り上げるものです。どうぞよろしくお願い致します。
(上記より抜粋 一部改変)

俺からもよろしく頼む

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制&オタク差別問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!