2010年01月17日

昨日の続き 敢えて転載のみで

チラシの裏(3周目) 皆様ブロッキングについての反対するパブコメの協力にお願いいたします
えーと、まぁ、個人的にはツイッターのほうでやってたわけですが、ちょっと叩き起こされましたので(苦笑)。ま、うちみたいなサイト来る人も、もうほぼいないと思うが。そんなわけで、

件の警察によるスーパー天下り団体である、インターネットホットラインセンターの「児童ポルノ流通防止協議会」

が、児童ポルノを口実にした事実上の検閲である「ブロッキング」についてのパブリックコメントを募集したので、皆様のご協力をどうかお願いしたいのです。

「児童ポルノ掲載アドレスリスト作成管理団体運用ガイドライン(案)」に対する意見の募集について

しかも今回もたった2週間しか募集期間がなく、締め切りが1/28までと言う余りにも早すぎ、本人等は実は聞く耳を持たず口実のために行っている余りにもふざけた代物であったりします。

少なくとも、パブリックコメントを口実にして建前上意見を聞きましたよと言って、今回の件を強行しようと言うのが本人らの思惑です。

ただ反対意見が多数の場合、今回の東京都の青年協議会のようにトーンダウンをし、新聞などでは何故か子供携帯の事しか報道しなかった例を見ても逆に抑止力に働くことにも繋がりますので、ここで皆様の協力が必要なのです。

何度も言いますが、数は力です。



とりあえず、ここ最近ちと別の事と東京のアレにちと憤慨していたので、ざっとしかニュースも読んでいませんが、問題点とすればやはりフィルタリングと同じ側面が多いですね。

ひとつは検閲としてこれ等のシステムが働く可能性。ようは、彼らの「見たくないもの」、「潰したい物」を恣意的に弾く可能性ですね。

事実、海外のフィンランド国内においてブロッキングのされてしまっているサイトを調査した団体によれば、1047のサイトを精査した所、実はそのブロッキングがされてしまっている879のサイトに関しては、合法コンテンツのみで構成されている無関係なサイトであったと言う話もあるらしいです。

あと、あの世界各国で非難されている金盾についても建前上は国民を有害情報から保護する目的で製作されたものなんですぜ?検閲の第一歩は、このような建前上の「綺麗さ」を盾にし、口実に使う手法からだったりします。よーは、日本の警察を初めとした省庁は児ポを口実にして、これ等のシステムを構築したいからこんな事を言い出しているわけですね。個人的には今一番この辺を懸念していたりしています。



二つめは言論や表現の自由、知る権利また通信の秘密などが侵害される恐れ。まぁ、これについては上記の説明で事足りると思うのですが、ようは合法コンテンツが弾かれる以上、これ等の問題も十分に起こりえるってことです。

現にスウェーデンでは宗教団体やクレーマーの通報により、毎日数万件のサイトがリストに加えられているという、無茶苦茶な状況を招いてしまっているとか言う話もあります。更に言えば、その多くが成人女性のヌード等であり、児童ポルノとは無関係な物であったという話もあります。

更に言えば、ウィキペディア等もその検閲の対象に含まれる恐れもありますね。

現に、ドイツのバンドの「Scorpions」が32年前にリリースした「Virgin Killer」というアルバムのジャケットカバーが、イギリスでは児童ポルノと見なされたとしてブロッキング対象になり、プロバイダによっては全ウィキペディアの記事が読めなくなる等の弊害が起こったりもしました。

ああ、もっと端的に判りやすく言うと2ch等で遊べなくなるよと言う事です。ま、大げさだという人もいるでしょうが、彼らの普段からの発言を少しは見てみろと。本気で冗談でないことを思い知らされますから…。

このメンバーみてみろと。真面目に笑えないから。

これ等の事から、中国の金盾を笑えない規制が日本でもなされようとしているのですよ。正直、アニメや漫画の「事」で反対をしている人が大半だと思いますが、これ等についても危機に晒されているので少しでいいですので、何が危険であるのかと言うのを考えてくださればありがたいです。本当、単純所持規制や取得罪による恣意的運用、漫画児童ポルノと言う印象操作を用いた創作物規制、そして児童ポルノを口実としたネット規制。あらゆる問題点が複合している悪質な改悪案だと思いますよ、個人的には。

しかし本当、兎園様も言っておられたが、本来この手の規制に反対を真っ先にしないといけないはずのネットコンテンツ企業である、アホーやMS、ニフティーなどがこの手の団体に自ら取り入り規制マンセーしている時点で、海外企業の日本支店であっても、日本企業は自身に対しても危機管理能力が皆無に等しく、日本の業界の殆どがカルテルに近い談合でなされている事がよくわかりますね。そりゃこんなことばかりしてたら、この国の産業も悪化する一方ですよと皮肉でも言っとくよ。

それとここ最近、このようなパブコメを募集し、民間や地方LVで強行しようとしているのをみると、何としても天下り利権の確保をしたいのと、政権が変わり、それだけこの手の規制が進めにくくなったというのも関係あるのではないでしょうかね?ま、彼らからすればあんな政権与党であったとしても、目の上のタンコブなことにはかわりないのですからねー。この国を悪化させている真の要因は、こいつら官僚ではないかと個人的には思います。
(上記より抜粋 一部改変)


【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制&オタク差別問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!