2010年01月06日

今ファミコンに出したって、売れる数なんざタカが知れてるだろうに、ねぇ?

ファミコンの登場から27年目にして新作ソフトが発売される :教えて君.net


家庭用ゲーム機に黎明をもたらした任天堂のファミリーコンピューターが発売されたのは1983年のことだ。そのファミコンの新作ソフトが今年1月に発売されるぞ。タイトルは「Battle Kid: Fortress of Peril」だ。

現在のゲームの礎を築いた国民的ゲーム機「ファミリーコンピューター」。その新作ソフトが今年1月に発売される。タイトルは「Battle Kid: Fortress of Peril(バトルキッド:危険な要塞)」で、横スクロールのアクションゲーム。動画を見る限り「ロックマン」と非常によく似ていて、難易度もかなり高めの模様。ファミコンを「レトロ」ではなく「現役」として楽しみたい人はぜひ!
(上記より抜粋)

去年の秋頃だったか、ドリームキャスト用のゲームを今頃になって出すみたいな話があったが、今度はファミコンかいな。4世代も前のハードに出して売れるのか、甚だ疑問なんだが。まぁ、最新のゲームよりもこういうレトロなヤツの方がいいっていう声もあるにはあるみたいだけど、そんな物好きなゲーマーがはたして一体何人居るやら。


※オマケ
次世代「ニンテンドーDS」に搭載される予定の新機能を任天堂の社長が明らかに - GIGAZINE
だからさ、ゲームのゲの字も知らないようなヤツを呼び込むよりも、俺らの様なヘビーゲーマーを満足させるような事を考えろっつーに。そんな事ばかりしてるから失敗したんだろうが。この調子じゃ、Wiiの再加速なんざ夢のまた夢だろうよ。

これは酷い!新年の福袋で大失敗した人々の報告が続々 :教えて君.net
ゲームソフトの一本もロクに買えないくらい金欠な俺からしてみりゃ、それでも充分だろって気もするんだがな。まぁ、だからって人気の無い売れ残りだの、中古で流れてきた2〜3世代前のヤツだの、対応ハード関係なしに詰めまくるだの、幾ら福袋(鬱袋)だからってこんなのは流石に酷いと思うな、うん。

人気絵師・西又葵が美少女イラスト界代表としてスポーツ新聞に登場 - GIGAZINE
それは、アンタがトップイラストレータだからじゃなくて、パンピー(一般人)連中からすれば一番目立ってたからっていうだけだろ?俺らオタクからすれば、別に大した事無いしさ(嘲笑)。あと、↑の記事にあった、「藤川優里に自民萌え〜」っていう見出しにはカチンと来た。気安く「萌え〜」なんて書くんじゃねぇよ(怒)。

posted by ACE-MAN at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!