2009年11月19日

行政刷新会議の後先を考えない振る舞いには、さすがに憤りを覚える

次世代スーパーコンピューター開発予算の見送りに対して研究者たちが緊急声明を発表 - GIGAZINE
11月13日に政府の行政刷新会議が行った事業仕分け作業において、毎秒1京回という超高速演算が可能な世界最高クラスの性能を誇る次世代スーパーコンピューターの開発プロジェクトに対して「来年度の予算計上の見送りに限りなく近い縮減」という結論が下されましたが、この決定に対して研究者たちが緊急声明を発表しました。「我が国の科学技術の進歩を著しく阻害し国益を大きく損なうものであり、不適切であると言わざるを得ない」という断言するなど、スーパーコンピューターの重要性を切に訴える内容となっています。


主にシミュレーションにかかわる基礎科学の研究者が分野を超えて参加している、技術や情報を共有する環境を整えることで基礎科学を大きく発展させるために設立された「計算基礎科学コンソーシアム」が発表した緊急声明によると、事業仕分け作業においてスーパーコンピューター開発プロジェクトに下された「来年度の予算計上の見送りに限りなく近い縮減」という結論が計画の凍結を意味しているのであれば、プロジェクト自体の廃止に等しい大きな影響を与えるものとなるそうです。

国際競争が激化する中、スーパーコンピューターを用いたシミュレーションはバイオテクノロジーやナノデバイス開発など、将来的に国民生活につながる最先端の技術開発における主要な武器になっているほか、基礎科学の研究においても、スーパーコンピューターによって宇宙の誕生から物質の創生、銀河や星の形成にいたる宇宙の歴史全体を理解することが可能になりつつあるとのこと。また、特に実験や観測で調べることのできない領域を探索するための唯一の方法となるのがスーパーコンピューターを使ったシミュレーションであるという認識の元で、国際的にもスーパーコンピューターの整備強化が進められていると述べています。そして次世代スーパーコンピューターは新たな技術創出などの要の位置にあるとした上で、科学技術立国を掲げる日本の将来にとって、確固たるビジョンをもってスーパーコンピューター開発を進めることは死活的重要性を持つことから、基礎科学を含むさまざまな応用分野の研究体制を強化しつつ、次世代スーパーコンピューター開発を迅速かつ着実に推進することが極めて重要であると強く主張しています。

すでに文部科学省が12月15日までの期間限定で、今回の事業仕分けについて国民に対して意見を募集していますが、国産次世代スーパーコンピューターはいったいどうなってしまうのでしょうか。
(上記より抜粋)

それ以前に、行政刷新会議の面子が問題ありすぎだろって。明らかに、日本の技術を亡き者にしてやろうと考えてそうなヤツが居るし。誰とは言わないけどさ(嘲笑)。既にこんな事態が起きてるんだから、事業仕分け人の人事を全面的に見直して(日本の未来を第一に考える保守系議員で固めて)、仕分けを最初から全部やり直した方がいいって。さもないと、本当の意味で日本が駄目になるぞ!


※オマケ
萌え商品はここまで来た! 今度は「萌え生牡蠣」が販売中 :にゅーあきばどっとこむ
何でもかんでも「萌え」に頼れば良いってもんじゃないって、このブログでも再三言ってるんだけどね・・・(遠い目)。目先の得にとらわれ過ぎだっての。

マイクロソフト、高速化や表示品質を向上させた「Internet Explorer 9」を開発中 - GIGAZINE
そんなのより、Vistaの新しいサービスパックはまだ?7を出したから万事解決、なんて思ったら大間違いだぞ(怒)。

違法ダウンロードの歴史
あとがきの方で、どういう意図を持って「すでにいくつもの疑問点が指摘されて〜」って書いてるのか、筆者を小一時間問い詰めたいところだが。まぁ、「ダウンロード違法化マンセー!」みたいな胸糞悪くなる事ばかり書いてるサイトなんかと比べれば、だいぶ良心的な事書いてる分、まだ許せるんだけどな。

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!