2009年11月18日

違法流通をなくしても、正規流通量はこれ以上増えやしねぇよ

携帯の違法音楽ファイル、サイト自動チェック : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
携帯電話向けインターネットサイトで著作権を無視した違法な音楽ファイルが取引されることを防ぐため、通信業界と音楽業界は、サイトに違法音楽ファイルが登録されていないかどうかを自動チェックする新システムを来年にも導入する方針を固めた。これまでは、携帯電話で実際に疑わしいサイトに接続して調べていたが、新システムの導入で違法音楽ファイルの撲滅に向けた動きが加速する。

新システムを導入するのは、NTTドコモやKDDIなど携帯電話大手4社と音楽権利者団体などが9月に設立した「違法音楽配信対策協議会」だ。違法音楽ファイルは、不特定多数が利用できる携帯電話の掲示板サイトなどに無断で登録され、無料でダウンロードされている。ダウンロード数は年間約4億曲で、正規サイトからのダウンロード数より約7000万曲多い。携帯電話用の掲示板サイトは、パソコンのコンピューターウイルスが携帯電話機に感染するのを避けるため、携帯電話でしか接続できないケースが多い。新システムは、高性能コンピューターに、携帯電話専用サイトを自動チェックできる「ロボット」と呼ばれるソフトを搭載する。ロボットが携帯サイトを自動巡回して違法ファイルを見つけ出す。

日本レコード協会など権利者団体では、職員が実際に携帯電話を操作して違法なファイルを見つけた場合、サイトの管理者に削除の要請・警告を行い、悪質な場合は刑事告発している。だが、急増する違法ファイルにチェックが追いついていない。対策協議会は、携帯電話機での違法ファイルのダウンロード自体を制限するシステムの導入も検討しており、今回の新システムと合わせた二重の対策で違法ファイルの一掃を徹底する考えだ。
(上記より抜粋)

正規DL3億超でもまだ足りんのか?

P2Pだのなんだのがあっても、3億以上確保できてるんなら充分すぎるだろ。それともなにか?約4億ある違法データをなくせば、その数がそっくりそのままプラスされるなんて甘ったれた考え方してんの?こんなくだらない事に金や時間を費やすくらいだったら、P2Pに流されても問題ないくらい売れる、高品質かつ良質なコンテンツを生み出すための土壌作りや人材育成に注ぎ込んだらどうなんだ?特定の団体の既得権益が最優先じゃ、この先何も変わらんだろうに。


※オマケ
「イジメ、バカ騒ぎは視聴者不快」民放連に意見書 : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
こんなどうでもいい事ばっかり取り上げるんだな、BPOは。オタク蔑視報道や児ポ禁法改悪関連の飛ばし報道なんかの方が遥かに深刻な筈なのに。こんな身内にばかり甘い団体なんか、無くたって一緒だっての。

日々是遊戯:これからPSP goを買う人に――PSP goで遊べるゲームってどれくらいあるの? (1/2) - ITmedia Gamez
UMB版しか持ってない人が、新たにダウンロード版を買うための金はどうしろと?著作権がどうこうとか並べ立てて、またユーザーから金を毟り取る気か?ふざけんじゃねぇ!

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!