2009年11月10日

児ポ禁法の改悪を野放しにしていれば、いずれ日本もこうなってしまう

痛いニュース(ノ∀`):日本のショタエロ画像をDLしたカナダ人、有罪に 「虚構の子供達に苦痛を与えることも罪」

少年のワイセツ画像DLで有罪に - Ameba News [アメーバニュース]
カナダのニューグラスゴーに住む双子の兄弟(20)は、少年を性的対象にした画像をダウンロードしたとして、禁固3ヵ月執行猶予18ヵ月の有罪判決を受けた。画像は日本のアニメ絵で、虚構の子供達に苦痛を与えることも大きな罪であるとされた。彼らはDNAサンプルを提出した上で子供との接触を禁じられ、「性犯罪者」として記録されるが、アチラのオタク系サイトでの反応はどんなものだろう。

「もしもオレがグランドセフトオートで人を撃ったら捕まるのか?」 「アルコールは現実の人間を殺す。だけどこれは猥褻だけど害にならないだろう」 「もしも二次元のポルノを収集したかどで捕まるのなら、僕は最高裁判所とでも戦うよ」 「カナダ人に対して悲しくなってくる。絵と現実の人々に関係がある訳じゃないのに」 「フィクションを罰したら、現実の方に行くんじゃない?」 「裁判官に偏りがあるみたいだから、審理無効を訴えられるんじゃない?」 「もしも自分が殺される絵を描いたらどうなるの?殺人未遂?殺人?」 「メイプルシロップ(カナダの特産品)も禁止。樹木を傷つけてるから。体操も禁止。みんなをマゾと曲芸師にするから。子供がナメクジの上に塩をふりかけても牢獄いきだな」

問題が問題だけに、判決を不服とする書き込みばかり。架空のイラストは誰かを傷つけることになるのか。
(上記より抜粋)

カナダは警察も司法も政府も腐ってる

まさに、単純所持規制も二次元(創作物)規制も許してしまうとこうなってしまうっていう、典型的な例だなこれは。日本だって、油断すればカナダの二の舞になる可能性は充分ある事を考えると、ホントに背筋が凍る。エロイラスト一枚ダウンロードしただけで性犯罪者にされ、指紋やらDNAやらの生態情報を取られるんじゃ、ホントに死んだ方がマシじゃないかってさ。こんな恐怖政治に晒されてまで、一介のオタク(自称)として生きてたいとは思わねぇもん。

あと、「痛いニュース(ノ∀`)」にコレでもかってくらい書き込まれてるオタク蔑視書き込み、いい加減に書き込んだヤツをアク禁にするなり、それ自体を削除するなりしやがれっての。名誉毀損で裁判沙汰になっても不思議じゃない内容なのに、いつまで経ってもそのまま平然としてるってどうなんだよ。表現の自由や言論の自由を履き違えるのもいい加減にしろ!

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制&オタク差別問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!