2009年10月30日

1年分を4日でって、自慢するような事じゃないだろ、そんなの

Windows 7はたった4日でVistaの1年分を販売:PC online
マイクロソフトは2009年10月29日、22日に一般発売されたWindows 7のパッケージ販売数が、25日までの4日間で、Windows Vistaの発売後1年間のパッケージ販売数を超えたことを明らかにした。東京ビッグサイトで開催中の「ITpro EXPO 2009」会場で講演した同社代表執行役社長の樋口泰行氏が言及した。同氏は「こんなことを言うとVistaは何だったのかということになるが、Windows 7はWindows 95/98/XPなど過去のOSと比べても一番の勢いがある」と好調な滑り出しをアピールした。

同社は22日に開催した発売記者会見でも、Windows 7の予約数がVista発売後3カ月分に相当することや、Amazonでの予約数がハリー・ポッターを超え、ソフトとしては歴代1位を記録したことを明らかにしていた。実際に発売された後も、週末に開催された各種イベントやキャンペーンの効果もあり、異例の売り上げを記録した模様だ。

ただし裏を返せば、いかにVistaのパッケージ販売が不調だったかということ。前述の販売数にはパソコンへのプリインストール本数は含まれない。Vistaは発売当初、当時としてはハードウエアスペックの要求が高かったため、パッケージを購入して既存のパソコンをアップグレードしようというユーザーは少なかったという背景がある。
(上記より抜粋)

反省できてないなこりゃ

この結果はそもそも、あんたらマイクロソフトがVistaっていう独りよがりで好き勝手やりまくったOSを出したからだろう。Vista1年分を4日でって、なんて何の自慢にもならねぇっつーの。つーか、Vistaの失敗に対して何の反省も見せてないって、一体何様だっての。この調子じゃ、近い将来、ウィンドウズがマックやリナックスに逆転されるなんて事態が起きてもおかしくないかもな。


※オマケ
新古書店と戦うには刃物や著作権法ではなく電子書籍式パワーボムが必要である - 万来堂日記2nd
本が売れなくなれば新古書店に責任転嫁。音楽や映画が売れなくなればP2Pに責任転嫁。アニメやゲームが売れなくなればオタクに責任転嫁。自分達の非は棚に上げて、全責任を客や小売店に押しつけるのはどこも変わんねぇんだな(嘲笑&怒)。

「物理的にゲームを売るビジネスモデルは死に直面している」−EA SPORTSのドンが語る / GameBusiness.jp
そんな事言ったって、殆ど中古ゲーム頼みな小売店や、ゲーム機のネット接続が困難、もしくは不可能なユーザーは一体どうしろっていうんだよ。光学ディスクやカートリッジでの販売を止めたりしたら、かえってデメリットしか出てこないと思うんだが?

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!