2009年10月26日

どうやら、ビル・ゲイツ率いるマイクロソフトは、ゲーマーを客と見ていないようです

メシウマ速報m9(^Д^) Windows7で動くゲームはわずか3割 まるで成長していない・・・・
1 : ノイズs(大阪府):2009/10/24(土) 20:30:41.82 ID:+sFpg+4v
2009年10月22日,ついにWindows 7の一般PCユーザー向け販売が始まった。PC系メディアのなかには,「最高だし,もはやXPとか使っているのはどうかしている」とでも言わんばかりの勢いでプッシュしているところもあるが,連日連夜の報道が続いていることで,4Gamer読者もそろそろ気になってきたところではなかろうか。

ただ,Vistaをベースにしているということは,Windows XP以前のOSを想定して開発された,古い世代のゲームエンジンやアンチチートツールとは,相性問題の発生する可能性が残っているということでもある。基本的に,Vista以降のOSへ最適化された最新世代の3Dゲームタイトルしかプレイしないという人が,これからOSを選ぶのであればWindows 7しかない――というか,Vistaを選ぶ理由はない――が,一方で,Windows XP時代からサービスが続いているような,息の長いオンラインゲームだと,Windows 7で動作してくれる保証はないわけで,ここは大きな懸念材料となる。

そこで今回,4Gamerでは,日本国内のプレイヤーに向けてサービスが行われているオンラインゲーム,50社計199タイトルについて,「Windows 7に対応してますか?」というアンケートを実施した。その結果を基に,オンラインゲームを中心にプレイしている人は,Windows 7をどう捉えるべきか考えてみよう,というのが,本稿の主題である。

《A》(対応済み)のタイトルは,32bit版Windows 7が3本に1本,64bit版Windows 7が5本に1本というイメージだ。

《B》(10月22日時点では非対応だが,2009年内に対応予定)も加えると,32bit版は86タイトル(全体の 43.2%),64bit版は63タイトル(同31.7%)となる。また,「公式には非対応だが,動作確認済み」というのを,《A》(対応済み)扱いすると,22日時点の対応タイトルは32bit版が79タイトル(同 39.7%),64bit版が58タイトル(同29.1%)と,それぞれ10ポイント程度上がる。

何かあったとき,メーカーのサポート外になるのを覚悟できるなら,全体の3〜4割程度が,22日時点で動作する見込みだということだ。

全文・詳しいことはソースで
http://www.4gamer.net/games/086/G008641/20091021049/
(上記より抜粋)

MS、全然反省してないようで

まぁ、交換性重視って言っても、Vista方面ばかりでXP以前を完全に無視してたからな。そういう話を聞いた時点で、こういう結果になる事は予想出来てたがな。さすが、オタク差別主義者団体のクソキャンペーンのスポンサーになるだけの事はあるわな(嘲笑)。


※オマケ
PSP goが抱える不安と未来への布石 - [ゲーム業界ニュース]All About

PSP goは1年足らずで死ぬ、絶対にだ


【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!