2009年10月16日

規制しろだの締め出せだのの一点張りじゃ、世界に通用するゲームなんか出るはずがない

THE SECOND TIMES : 中国政府、外資系オンラインゲームをシャットアウト
中国の新聞出版総署(国家版権局)が、外資系企業の中国国内へのオンラインゲーム参入を原則禁止する方針を発表した。

新聞出版総署(国家版権局)は主に出版物やコンテンツの著作権管理を行っている中国政府直属の機関。中国政府直属のメディアである新華網によれば、同署の科技デジタル出版司の寇暁偉副司長は、単独法人や合弁企業など企業の形態を問わず、外資系企業が中国国内でオンラインゲームを運営したり、また運営会社に投資したり、さらには技術サポートなど間接的に運営に関わることも原則禁止にすると明言。

禁止の理由は、外資が中国のオンラインゲーム業界に介入し国内市場の秩序を乱しており、且つ暴力や猥褻など不健全な内容のゲームが氾濫しているためとのことで、中国のゲーム業界を浄化するため同署と中国国家版権局、掃黄打非(ポルノ・違法出版物一掃)全国弁公室が合同で「輸入オンラインゲームの審査管理強化に関する通知」を発表。今後はこの通知に照らし、外資の排除と合わせて中国産オンラインゲームも継続的に管理監督を行っていくという。
(上記より抜粋)

なんか、中国製ゲームが他国製ゲームのパクリだらけだったり、海賊版天国と化してるのも解るな、ホント。必要以上に規制で雁字搦めにしてるんだもの、優れた作品どころか有能なクリエイターさえ出てくるとは思えないし。つーか、エログロナンセンスを規制するのは自殺行為に等しいっていうのが全然理解出来てないモンな。セックスヘイター連中の言う事なんぞを一々真に受けてたら、それこそ取り返しの付かない事になるっつーの。

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制&オタク差別問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!