2009年09月01日

無謀な挑戦だったと言わざるを得ない

まにあっくすZ 38歳無職アニヲタ、衆院選に出馬するも得票数652票 「政策はコードギアスを参考にした」
総選挙戦に、TVアニメ「コードギアス」を参考にして出馬したという38歳無職ヲタが話題となっている。総選挙で全国最多の候補者数となった東京1区(千代田、港、新宿)は、有権者数が約46万人という大票田。そんななか、わずか652票という全国屈指の低得票数で落選したのが無所属の前田禎信氏(38)。「失業中で、供託金300万円を没収されればスッテンテンで身動きできなくなる」という前田氏は、なぜ自爆覚悟で出馬したのか?

前田氏は9人の候補者のうち最下位。しかも、得票数が有効投票総数の10分の1を下回ったため、供託金は没収される。前田氏の実質的な選挙戦は他の候補者より大幅に短い2日間だった。新潟市在住で「交通費もなく、東京の滞在費もバカにならない」という経済的理由からだ。貴重な2日間は、東京・秋葉原の駅前でたった1人、拡声器も使わずに白黒コピーのビラを配布した。ホームページやニコニコ動画に自身の主張をアップし、“IT戦”を中心に主張を展開しており、立候補地は東京がふさわしいと判断した。

スローガンは「合衆国日本!」。道州制を意識しているかに見えるが「単純にアメリカ合衆国のように自由、人権、独立をアピールした。(架空の大国が戦うロボットアニメ)『コードギアス』を参考にした」と語る。政策の中にはアニメーターの所得向上や、若手アイドルが活躍したイベントスペースがあった秋葉原の石丸電気SOFT1(今年5月閉店)の代替施設を国費で借り上げる案も盛り込んでいた。

これにネットでは、「ギアス厨www」「ニコ厨はなんでこいつを押さなかったんだ」「俺は立候補しても652票取れる自信ないぞ」「外に着ていく服あってよかったな」「300万あればオタグッズをいくつ買えるか考えろよ」「どうせ、おまえらもこんなツラしてるんだろww俺もそっくりで驚いてるんだが」などといった声が寄せられちょっとした話題となっていた。
(上記より抜粋)

少なくとも、相変わらず「オタク=性犯罪者」みたいなレッテル張りがされてる現在において、オタクが選挙に出馬するのは無謀、というより自殺行為ではないかと。まぁ、供託金300万円を棒に振ってまで行動を起こした、その男気には感じ入るモノがあるが。それにしても、

アニヲタという単語に悪意を感じる

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!