2009年08月20日

コレ読んでて、エロゲ会社の社長が、みんなこの人みたいだったら良かったのにって思った

エロゲ販売規制問題まとめwiki - ブルーゲイル社長 宇佐さんとのやり取り
公開質問状を送信した際、ブルーゲイルの社長の代表取締役の宇佐照広さんとやり取りができたご本人からも転載の許可を頂けたので報告します。


1.まずこっちの公開質問状を出す

http://www28.atwiki.jp/erogekisei/pages/65.html


2.まさかの社長直々の返信。しかもメール22:00頃出したのに22:30ごろ返事が来る

<内容>
お世話になります。有限会社ブルーゲイル 代表取締役の宇佐照広と申します。公開質問状メール拝見しました。回答締め切りが9月1日までということなので、それまでに回答内容を考えておきます。

来週、ソフ倫の臨時総会と懇談会がありますので、それに出席してソフ倫の今後の動きを確認しておきたいというのが一点。同じく来週に弊社のゲームソフト「鬼父2」が発売となりますので、発売前のナーバスになっている状態で回答してもあまり良くないと思うのが一点。(半年以上の時間と、家一軒建てられる金額を投資して制作しているエロゲの発売前というのは、発注本数に一喜一憂し、納品が滞り無く行われるように細心の注意を払い、とお店に商品が並ぶ発売日を迎えるまで神経ピリピリ状態なのです。また今回は凌辱規制問題も直撃しましたので、余計に気を使います)


ユーザーの皆さんもいろいろと考えて気を揉まれていると思いますが、メーカーもいっしょです。無回答だけはしないようにしたいと思います。まずはメールの受取報告まで。


3.こちらの返信

わざわざ社長自ら丁寧な返信をしていただき、ありがとうございます。私は今回の質問状はメーカーの方々に対するメッセージとして送ったつもりでした。それなのにお返事いただけるのは本当に感激しています。ですから、回答の方はいつまででも待たせていただきます。またどうしても答えられない回答については無回答でも構いません。

以下長々と私の意見を述べさせてもらいます。同じような内容のものを後日意見書という形でメーカーやソフ倫などに対しても送らせてもらうつもりです。

今回の問題はメーカーの方も大変だというのは分かっているつもりです。そしてメーカーの方が生活がかかっている分、より重大なのも分かっているつもりです。メーカー側も必死なのは分かりますが、己の生存のために安易にユーザーの満足を犠牲にすることは避けていただきたいと考えています。エロは必需品に近いので多少エロ度が下がっても我々は買うでしょう。しかしそれでも長期的にはエロゲ離れが進むことは避けられないと思います。

ソフ倫は社会に受け入れてもらうためには規制も止む無しといっていますが、社会に受け入れてもらうための手段は規制以外にも沢山あると思います。例えば、役所や政治家の方々は正しい情報を殆ど知りません。そのため無知から来る誤解がむやみな規制拡大を後押ししている面もあると思います。そのようなことを防止するために政治家や役所に対して正しい情報を周知したりすることは意味があると思います。ソフ倫及び業界の方々には場当たり的で安易な規制ではなく、戦略的な政治活動・社会活動によって社会に受け入れてもらう努力をして欲しいです。その上で、本当に規制がやむをえないのであれば必要最低限の規制は仕方ないと思います。

しかし、はじめから規制ありきではユーザーとしても我慢ができません。ですから、ブルーゲイル及び宇佐さんも業界及びソフ倫がそのような方向に変わるように働きかけてくださると助かります。


4.宇佐さんの再返信

おはようございます。メール拝見しました。

私達はエロゲを売って生活しているので今回の件は重大だなというのはありますが、それよりもっと個人的な根っこの部分は、自分が表現したい物を自由に表現出来ない世の中になってしまうんじゃないか?という恐れですね。今回は凌辱やら児童ポルノやらということになっていますが、自分がイヤな物は存在すら認めないという、殺伐とした世の中に向かっているんじゃないの?という気がします。

この世には絶対的な善も悪も無いと思いますし、十人いれば十通りの考え方があればいいんじゃないの?と思います。その中でも、これはやったらダメでしょと皆で決めた事が法律なわけでそれすら破って表現したいんだ!ということであれば、どっか無人島行って一人で騒いでなと思いますが、少なくとも日本の法律を守っているなら日本国内での表現の自由は認めて欲しいと思います。(今回はその法律を衆知させる前にアレもコレもつっこんで決めちまおうぜ!っていう動きだったという事もありますね)その辺の今後の対応をソフ倫と共に考えていければと思いますね。(6月の時は物事が急に動きすぎてソフ倫から降りてくる事の対応で手一杯だったということもありますが)出て行くのは簡単ですが、縁有ってソフ倫に参加している訳で、皆で知恵を絞って、現状を打開していきたい。個人的にはそう思ってます。

オフィシャルな回答はまた後日出します。よろしくお願いいたします。


5.こちらの再返信

お返事ありがとうございます。お忙しい中わざわざ返信していただけるだけで非常にありがたいです。そして、少々メーカーの方々を見誤っていたかもしれません。大変失礼しました。そのような気概を持ってゲームを作ってくれているというのは非常に嬉しいです。

あと、もしよろしければ現場の社長の中にもこれだけ気骨のある方がいるということを知ってもらうために以下の内容を公表させてもらえないでしょうか?もちろん時期が時期ですから無理にとはいいません。公表時期についても、公開質問状と同じようにちょっと待ってくれというのであれば待ちます。また隠して欲しいというところがあれば隠します。それでも何かあったらまずいというのであれば遠慮なく断ってください。私はネットでの活動は、駄目元とうざがられる寸前の図々しさが肝だと思っています。ですから、そちらが遠慮なく断ってくださった方がこちらも遠慮なくお願いできますので少しでも問題があれば遠慮なく断ってください。

以下再び私の意見を延々と述べさせてもらいますが、お忙しい身でしょうから無理に返信せずとも結構です。

○現状認識
そして、宇佐さんご自身の意見についても私と完全に意見が同じです。私は人間は複雑系の生き物だと思っています。ですから、陵辱ゲームをやったくらいで女性を蔑視したり性暴力犯罪を起こすことはないと思います。そして多様な価値観と多様な表現こそがこの社会の多様性と人間の複雑系の基礎であり、それが社会の活力の源だと思っています。特定の人間の考えにそぐわない価値観を抹殺するという考えは、思想統制そのものであって社会の多様性を損なうものだと思います。そのような単純で画一的な社会こそ、ゲームの影響を受けてそのまま犯罪に走るような人たちを産んでしまうのだと思います。

○今後の対応
ただ、最近は横ばいかやや下落気味とはいえこれだけ業界が大きくなった以上、『誤解される方も悪い』のだと思います。したがって、誤解された方は社会に対して自らの立場を説明し、その誤解を解く責任があるのだと思います。ですから、現在ではエロゲ業界が同人と対して変わらなかった時代の戦術、つまり今までのように部屋の隅でただ小さくなって嵐が過ぎ去るのを待つ戦術を取るのは間違っていると私は思います。

とりあえず、みなが何が起こっているのか分からない状態のまま規制だけがドンドン進むというショック死のような事態は回避できたと思います。業界には若干ながら時間的猶予が与えられたと思います。ですから、今後は業界にはその時間を生かして、もう少し戦略的に対策を取っていただきたいと思います。

真正面から正々堂々と戦えとはいいません。でも裏で汗かいて走り回るくらいのことはして欲しいのです。規制派の方々の現在の攻勢も日々のそのような努力の賜物だと思っています。今回のレイプレイ攻勢の影には、無駄に終わった数百の規制運動があったわけでレイプレイ問題は数百階の失敗の下でたまたま上手くいったのだと思います。ですから、業界も同じように業界を守るために場当たり的な規制ではなく、汗をかいて欲しいのです。ソフ倫ってのはそのためにある組織だと思います。

○ソフ倫について
私はソフ倫に対して問題意識を持っていますが、ソフ倫解体論者でも見放し論者ではありません。歴史的にも規模的にもソフ倫以外に業界を代表できる組織は存在し得ないと思っています。ですから、ブルーゲイルもソフ倫を出て行くべきではないと思います。むしろ、ソフ倫を中から業界を守るために賢く泥臭く戦う組織に変えていただきたいと思っています。ソフ倫は2億近い余剰資金を持ち、毎年2000万近い利益を上げています。そのための資金は十分あるはずです。

またソフ倫はどうしようもない組織だと思っていますが、ソフ倫が仕事をしてこなかったのはユーザーやメーカーが無関心だったからだととも思います。つまり我々がソフ倫の無策を黙認して、ソフ倫を甘やかしてきたからこそ、今のソフ倫があるのだと思います。ですから、今後はユーザーメーカー共にソフ倫に対して注文をつける厳しく活動を監視して尻を叩くことによって、ソフ倫を働く組織に変えるべきだと思います。

しかし、我々ユーザーはメーカーを通してしかソフ倫に注文をつけることができません。宇佐さんのような気骨あるメーカー側の方々にがんばってもらうしか対処法がないのです。ですから、今後ソフ倫に対して注文をつけ、少しでも戦略的に賢く泥臭く戦う組織に変えていただきたいです。

今回はそのような思いでメールさせていただきました。また今週中にも意見書という形で再びメールを送らせていただく予定です。実は今月末にソフ倫の総会があることは私も聞いておりました。ですから、その前に質問状と意見書を送ることでメーカーの方々に問題意識を少しでも共有もしくは大きく持ってもらいたかったのです。(『なんとなく嫌だ』ではなく、明確に『何が問題でどうするべきだ』という意識を持っていただきたかったわけです)。

今回のメールの送信の対象メーカーは以下に記してあります。

http://www28.atwiki.jp/erogekisei/pages/65.html

後日送信する予定の意見書もそこのページにおいてあります。送信した方々の中で回答を約束していただいたのはブルーゲイルさんだけですが、いくつかのメーカーからは『回答はできないが上には見せておく』とわざわざお返事をいただきました。ソフ倫という組織を変えるには、メーカーが個々で何をしても効果が薄いと思います。メーカーもメーカー同士で団結することで始めてソフ倫と渡り合えるようになるのだと思います。今回の私の行動がブルーゲイルさんが懇談会などでメーカー同士でお話したり協力するときに少しでも助けになれば嬉しいです。

長文を読んでいただきありがとうございます。それでは失礼します。


6.宇佐さんの再返信
こんばんは。メール拝見しました。

あと、もしよろしければ現場の社長の中にもこれだけ気骨のある方がいるということを知ってもらうために以下の内容を公表させてもらえないでしょうか?


今一度読み返してみましたが、特に変な事は言ってないと思うので使えるようでしたら使ってくださってかまいませんよ。

(略)※注

メーカーの危機感も相当なものになっていると思いますので、まずは来週のソフ倫臨時総会と懇談会でどういう流れになるかですね。私もいろいろと勉強して参加しなければと思います。

※北海道連合で情報交換とかもするかもしれないといっていただきました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

こんな感じです。 目茶目茶偉そうですみません。明日か明後日にはサイド意見書をソフ倫及びメーカーに送りたいと思います。

駄目元ではじめた企画でしたが、それに見合う対価は得られたのではないかと思います。やはり政治活動社会活動は駄目元が基本なんだなと思いました。規制派の方々もレイプレイという大物を釣り上げるまで何度もトライを重ね失敗を繰り返してきたのでしょうし、名も無き庶民さんの電凸だって、電凸した時はあそこまで反響があるとは夢にも思ってなかったと思います。ですから皆さんも活動にデメリットがないのであれば、とりあえず駄目元でやってみてください。

色々問題はあるかもしれませんが『やらなきゃ0%だ』と思います。具体的には、エロゲやエロゲ雑誌のアンケートハガキに規制反対の旨を書くだけでそれなりに効果があると私は思います。是非エロゲー買った際には規制反対とソフ倫改革をアンケートハガキに書いてください。
(上記より抜粋 一部改変)

非常に長いですが、それ以上に大事な事が書かれてあるんで、(若干手は加えてあるが)全文転載させて貰いました。それにしても、

宇佐照広社長!

アンタはエロゲ会社社長の鑑だ!

こういう人がトップにいてくれるブルーゲイルは、ホントに恵まれたトコだと思うぞ、俺は。度々黒い噂が流れる、某葉っぱや某妖精なんかとはエライ違いだ!彼こそ、これからのエロゲー業界を背負って立つ人だよなって、冗談抜きで思ってる。第一、ユーザーの声に対して、ここまで親身になってくれるメーカーが今までにあったかと。社長自らが受け答えしてくれたメーカーが今までにあったかと。

今まで、エロゲメーカーっていうモノに対して、ネガティブな感情しかなかった俺だが、今日からは恩を返す意味でブルーゲイルと宇佐照広社長に一目置かせて貰う事にするよ。ただ、ブルーゲイルっつーと鬼畜・陵辱系メインのメーカーだから、純愛・ラブコメ系メインでそっち方面がてんでダメな俺としては、ゲームを買ってどうこうっていうのは無理っぽい。つーかそれ以前に、金銭的、経済的に無理がある。マジでスマン(凹)。


posted by ACE-MAN at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!