2009年07月26日

なんか、ソフ倫の二の舞になってしまう感じがすごくするんだけども・・・

ゲーム表現規制の妥当性を調査 デジタルゲーム学会が報告会
近年は、ゲームやアニメ、マンガの性表現、暴力表現がメディアの話題になることが多い。しかし、メディアの表現のあり方について、肯定的であれ、否定的であれ、しばしば客観的な調査なしに、主観的な主張が行われる。こうした中で日本デジタルゲーム学会は、コンピューターゲームの性的・暴力的な禁止表現やZ区分表現についての調査報告を広く紹介する公開講座「「CEROの禁止表現およびZ区分表現の妥当性に関する調査」報告書レビュー」を7月31日に開催する。

講座で取り上げられるコンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)は、国内のコンピューターゲームの業界関係者が、ゲームが若者に対して与える影響を念頭に2002年に設立した業界団体である。CEROはゲームソフトの性的・暴力的内容を中心にレーティングを行い、ユーザーの購入、ゲームプレイの際の指針を与えている。国内のコンピューターゲームソフトの表現規制の中心をなす存在である。

「CEROの禁止表現およびZ区分表現の妥当性に関する調査」は、CEROの取り組みとその妥当性について学術的な視点から取り組んだものだ。今回はその調査の成果である報告書が、今月出版されるのに合わせた。講座では、実際に調査と執筆を担当した講師がその内容をレビューする。メディア・コンテンツの規制・レーティングを考えるうえで、新たな視点を与えるものとなるだろう。

開催場所は東京大学本郷キャンパスの工学部新2号館9階92B教室、開催時間は19時から21時までとなる。日本デジタルゲーム学会会員は無料で参加可能だが、非会員は2000円の参加費が必要となる。参加予約は、日本デジタルゲーム学会ウェブサイトで受け付けている。

日本デジタルゲーム学会
公開講座「「CEROの禁止表現およびZ区分表現の妥当性に関する調査」報告書レビュー」
(上記より抜粋)

きっと、ソフ倫と同じ事言い出すにちがいない

※オマケ
コンテンツ文化研究会 / Institute of Contents Culture: 創作芸術作品に対する規制への共同声明のご案内
なんか、動き出すべきとこが、ようやく動き出したって感じだな。つーか、なんで連中が騒ぎ出した5月辺りから動かなかったのか、って言いたいわけだが。

「初音ミク CMver.」とか「初音ミク ライブステージver.」とかボーカロイド関連いろいろ - GIGAZINE
初音ミクは初出から随分経つはずだが、いまだ人気は衰える気配を見せんな。まぁ、本当に人気があるヤツだと、10年だの20年だのは平気でもったりするから、当分消える事はないだろうとは思うが。

前回はエスカレーターが逆流して悲惨なことになったワンフェス入場、1年ぶりとなる今回はどうだったのか? - GIGAZINE
今回は、何時ぞやのようなエスカレーター逆流事故は起こらなかったようで。会場の写真を見る限りじゃ、なんか「羮に懲りて膾を吹く」的な感が否めなかったけども。

米国】我が子への授乳写真は児童ポルノ? その2 - Suzacu Late Show
コメント欄の書き込み見てギョッとしたよ。確かに、日本の現行法でも、自分の子供の写真を撮っただけで逮捕っていうのは十分可能なんだよな。警察がやろうと思えばいくらだって。撮った時点で「製造した」事になるわけだし、定義がとにかく曖昧なもんだから、↑のアメリカの例以上に酷い自体になる事も充分考えられる。現行法ですらこの有様なのに、さらに規制を強化するってもうね(鬱)。

posted by ACE-MAN at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!