2009年05月19日

日本じゃ無理かもな 「ゲーム脳」の所為で

マリオカートWiiを使って交通安全について教育している学校 - GIGAZINE
運転中の事故を防ぐために、マリオカートWiiを使って交通安全について教育を行っている高校があるそうです。ビデオ教育では実感することができなくても、マリオカートWiiを使って実際に体験させることによって教えることができるような事もあるとのこと。

アメリカ・コロラド州のベイル・キリシタン高校ではコロラド州保安局・消防局・ベイル・バリー医療センターの援助を受けて「わき見運転プロジェクト」という教育プログラムが行われているそうです。このプログラムは生徒に携帯電話を持たせてメールをしながらマリオカートWiiをプレイさせるというもので、運転中にほかの事に気をとられてしまうとどれだけ危険なのか教えるというもののようです。

実際にメールしながらマリオカートWiiをプレイした生徒たちは、さまざまな障害物に衝突しストレスを感じた生徒も多かったとのこと。またプロジェクト体験後に「運転中はメールしない」と答える生徒もおり、それなりに効果があるのではないかと考えられているようです。
(上記より抜粋)

日本はテレビゲームの元祖(厳密には育ての親)だっつーのに、なんでこういう事やらんのかね?アメリカの方じゃ、↑みたいにゲームを使って授業する、っていうのが珍しくないらしいじゃんか。まぁ、日本じゃ教科書に漫画やアニメのキャラを登場させただけで、批判の的になるらしいし、まず無理だろうな。オマケに、あの悪名高い「ゲーム脳」がまだ蔓延ってるみたいだし。


※オマケ
今日もやられやく 『らき☆すた』 におい付きエンジンオイル痛油
カー用品にまで『らき☆すた』・・・。ホント、よく発売まで漕ぎ着けたよなぁ。こういう類は周囲から駄目出しされるばかりで、実現にはほど遠いもんだとばかり思ってたんだが。世間一般が、(良い意味で)オタク文化に対して寛容になってきてる・・・んだと思いたいがな。

日々是遊戯:タイはじまったな――タイ生まれの美少女ゲーム「Re Angel」がなんかスゴい - ITmedia +D Games
キャラもインターフェイスも演出も、日本製ギャルゲーの影響受けまくりじゃんか。つーか、表現規制厳しすぎ(って聞いてる)な東南アジアで、よくこういうゲーム出せたよな。制作スタッフ、頑張ったんだな、きっと。日本製ギャルゲーと肩を並べられるかどうかは別として(嘲笑)。

posted by ACE-MAN at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!