2009年05月05日

アニメに限った話じゃないだろうに、なんでアニメばかり狙い撃ちするんだか

【経済】 「日本のアニメは、美少女やメカなど並べただけとファンが気づいてしまった」…日本のアニメバブル崩壊、新番組も減 - (´A`)<咳をしてもゆとり
アニメバブル崩壊 DVD不振、新番組も減
asahi.com [2009/05/04]


日本の「ソフトパワー」として期待を集めるアニメが、06年ごろをピークに作品数もDVD売り上げも減り続けている。今春の新番組も激減。関係者は「アニメバブルが崩壊し、右肩下がりの時代に入った」と話す。 制作会社などで作る日本動画協会によると、1年間に放送されるアニメ番組は00年には124本だったが06年には過去最高の306本と急増。それが08年には288本に減った。4月開始の新番組も、06年の60本台をピークに減少に転じ、今年は30本台の見込みだ。同協会の山口康男専務理事は「数年前からのバブルがはじけた。少子化と不況で市場は右肩下がり。業界は人余りからリストラへ進むのではないか」と話す。

■深夜放送で人気
バブルをもたらしたのは、90年代後半から増え始めた深夜アニメ。キー局、UHF局、衛星放送などで深夜帯に放送し、ビデオソフトを収益源とする青年向け作品だ。90年代半ばの「新世紀エヴァンゲリオン」のヒットを受け、制作会社とビデオ会社、出版社などが組んで競うように作品を送り出した。テレビ放映は、ソフトを売るための30分間のコマーシャル、という側面もあった。「放送局は、余っていた深夜の放送枠が売れ喜んだ。マスコミは『海外でも人気』『萌えブーム』などと持ち上げた。景気回復で投資先を探していた金融会社や新興のIT企業なども参入し、本来ニッチな市場に過剰な期待が集まった」と、あるプロデューサーはバブルの構造を解説する。

「剣風伝奇ベルセルク」「マリア様がみてる」「ローゼンメイデン」「ひぐらしのなく頃に」「マクロスF」など様々なヒット作や話題作が生み出され、深夜は「アニメの楽園」と化したが、ソフトの売り上げにはかげりが見えてきた。日本映像ソフト協会の統計では、日本のアニメソフトは05年に国内で約971億円、06年に約950億円を売り上げたが、07年には約894億円、08年は約779億円と下降線をたどる。

「ソフトが売れないのは、増えた作品がどれも、美少女やメカといった売れそうな要素を並べただけで似たり寄ったりだとファンが気づいたから」と、別のプロデューサーは話す。「ハイビジョン録画機が普及してきたし、不況で若者の可処分所得も減り、ソフトは厳しい選別にさらされる。それに耐える力のある作品を作るしかない」

■海外も伸び悩み
人口減で縮小する国内に代わって期待される海外市場も、伸び悩んでいる。代表が米国だ。日本貿易振興機構(ジェトロ)の推計によると、米国での日本アニメの市場規模(キャラクター市場を含む)は、03年の48億ドルをピークに07年には28億ドルまで減少した。DVD・VHSの売り上げも02年をピークに下降基調だ。DVD不振はネットでの違法配信が一因。日本で放映された数時間後には、ファンが字幕をつけ配信してしまう。

そこでテレビ東京は今年1月、米国の動画サイトで人気アニメの即日配信を始めた。キー局では初の試みだ。現在9番組を、日本での放映から約30分後に有料会員向けに字幕付きで配信、7日後には広告付きで無料配信している。同サイトでは今春、フジテレビ作品も配信を始めた。テレビ東京の川崎由紀夫アニメ事業部長は「違法配信を抑制し、待たずに見たいというファンのニーズに応えた。いずれはサイトを通じて関連商品も買えるようにし、世界のファンから直接お金が入るビジネスモデルを確立したい」と話す。開始3カ月で、約1万8千人の有料会員を獲得したという。

■量より質重視へ
石油ショック不況時には、「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」「機動戦士ガンダム」などがアニメブームを巻き起こした。この頃の年間作品数は100本以下。90年代のバブル不況には「エヴァ」や深夜アニメの隆盛があった。この頃は150本前後だった。年齢層を広げ市場を開拓して成長を続けてきたアニメだが、「もうそんな余白はない」と山口専務理事。「年間総制作分数で、日本はすでに中国に抜かれたはず。これからは量より質を重視し、国公立大でアニメをじっくり教えるなど、官民が力を合わせて質の高い人材を育て、それを日本の強みとする道を考えるべき」(以上、一部略)
(上記より抜粋)

なんか、↑だとアニメだけがそうみたいな言い方してるけどさ、実際・・・

最近のドラマや映画だって同じじゃねぇか!

・・・なぁ?「売れる要素を羅列しただけ」っていう意味なら、ドラマも映画も、特撮ヒーロー物だってそうなのに、なんでアニメだけ狙い撃ちでネガキャンすんだよっていう話なんだよな(オタク差別主義者の巣窟なマスゴミじゃ、仕方ないか)。

まぁ、多少文句は垂れたが、↑の内容はあながち間違ってもいないんだよな、悔しいけど。そうなると、日本どころか世界レベルで作品の質が低下し始めてる、っていう事になるよな。小説に始まって、映画、漫画、ドラマ、アニメ、ゲームといろんなメディアが登場してきたわけだが、それぞれが今までに発表してきた作品はとてつもなく多い。全部あわせれば億単位にもなるはず。こんな状況で、斬新かつ売れる作品を量産し続けろ言われても、よほどの天才じゃなけりゃ無理だろうて。となると、やはり過去に売れた作品の真似事をするしかなくなり、どれもコレも似たり寄ったりの物ばかりになってしまう。かといって、全く新しい物に挑むのは、今のご時世じゃあまりにもハイリスクで分が悪い。つまり、「売れる要素を羅列しただけの駄作が蔓延してる」っていう今の状況は来るべくして来た、偶然じゃなく必然だったんだっていう事だわな。それにしても、この状況から抜け出せる日はいつ来るのか。まぁ、売れない原因をユーザーに責任転嫁してばかりいるんじゃ、当分は無理だろうけどな(嘲笑)。


※オマケ
「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む:中国国際アニメフェアで「成年向け商品」として出展されたものは - livedoor Blog(ブログ)
はてさて、日本よりも表現規制や言論統制がはるかに酷い中国において、日本の「成年向け商品」はどこまで通用するか。つーか、日本じゃ年齢制限無しなモンが、中国じゃ18禁になるってどうなのよ。

マサチューセッツ工科大学のアニメクラブ
実に羨ましい。俺が通ってた高校や大学にも、こんなクラブがあったなら・・・。

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!