2009年04月26日

西又葵って言うから、JAうごの新事業かって思ったら東京だってさ

アキバ総研-西又葵イラストの「アキバのうさぎ神社」がオープン! 境内+地下「胎内洞穴」参拝レポート-[秋葉原総合情報サイト]
アミューズメントショップ「アキバのうさぎ神社」が秋葉原中央通り沿いにオープンした。本オープン日の26日(日)に向け、25日はプレオープンとして昼間60〜90分程度の営業を行っていた。

1Fには、「うさぎの御神体」や神社の由来を紹介するボードを設置。看板のイラストを手掛けた人気イラストレーター「西又葵」氏による、うさぎ巫女(白うさぎの神「紅葉」&黒うさぎの神「紫苑」)やうさぎキャラ(白うさぎ「卯奈」&黒うさぎ「瑠奈」の絵があちこちに使われていた。また、おみくじ・お守り・絵馬といったオリジナルグッズや運営元である「大藤」による「アキバのうさぎ神社」仕様のお菓子(うさささだんご・うさ大福・うさどら・うさまんじゅうなど)を販売している。

注目は、地下1Fの「胎内洞穴」。ウサギの体内のを歩き、ウン(運)をつかむといった内容のアトラクションである。エレベーターを降りると小さな鳥居があり、その先は出口まで真っ暗。手すりはあるが、あまりの暗闇にいろいろな感覚が麻痺しそうなほどの恐怖(?)を味わうことができる。兎守(=店長)によると、「実際の距離は短いんですが、非日常的な世界なので、初めて入った方は長く感じると思います」とのこと。友達やカップルで入るのも面白いと思うが、まずは1人で入ってみるとよいだろう。

なお、26日の12時からは「御開帳の儀」が、GW中には西又葵氏がお忍びでサイン入れにやってくる予定とのこと。ファンは参拝に訪れてみるとよいだろう。
(上記より抜粋)

住所を見たら東京になってたから、おそらく羽後町は↑に関わってないな、と。だって、西又葵の名前があったもんだから、JAうごがまた新しい事業に乗り出したんじゃないかと期待してたんだが、どうやら向こうとは関係ない様子。まぁ、行きたくたって時間的にも金銭的にも絶対無理だけどな、俺の場合(嘲笑)。ところで、「巫女=キツネっ娘」っていうイメージがある俺としては、ウサミミ巫女っていうのは違和感感じるんだが、みんなはどうよ?


※オマケ
新たな闇「家出サイト」…少女狙う“泊め男”、軟禁・暴行も : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
一番問題なのは、家出する子供でも“泊め男”でもなく、子供が家出したくなる環境を作り出してる親なんじゃないのか?家庭環境改善策も出さないで、家出少女や泊め男ばかり批難してるようじゃ、事態の好転なんて望めねぇよ。

痛いニュース(ノ∀`):民主・鳩山氏 「永住外国人の地方参政権は、愛のテーマだ。地球は、生きとし生ける者のもの。日本も、動植物の所有物で…」

寝言は寝てから言え!(激怒)

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!