2009年04月22日

こういうヤツの方がよっぽど信用出来ないんだって事が何故解らないのか

信頼性でWikipedia対抗 朝日新聞、講談社、小学館など無料辞書サイト - ITmedia News
朝日新聞社、講談社、小学館などが辞書コンテンツを持ち寄り、無料の辞書サイト「kotobank」をオープンする。信頼性の高い無料辞書サイトとしてWikipediaに対抗する。

朝日新聞社と講談社、小学館、朝日新聞出版、ECナビの5社は、人名や時事用語など約43万語を無料で横断検索できる辞書サイト「kotobank」(コトバンク)を4月23日に正式オープンする。「信頼性の高いNo.1用語解説サイト」としてWikipediaに対抗する。朝日新聞社の「時事キーワード」「百科事典マイペディア」、朝日新聞出版の「知恵蔵2009(07年に休刊した『知恵蔵』のWeb最新版)」「朝日日本歴史人物辞典」、講談社の「デジタル版日本人名大辞典」、小学館の「デジタル大辞泉」など、44辞書・計約43万語を横断検索できる。各辞書の検索結果の下にはWeb検索の結果と検索連動広告も表示するほか、右カラムには、「asahi.com」から関連するニュースを掲載。関連するWebサイトをユーザーから募って掲載する機能も備えた。解説文内のキーワードから、リンクをたどってほかのキーワードを調べることも可能だ。

朝日新聞社が主体となってとりまとめ、ECナビがサイト構築と運営を担当。ほか3社がコンテンツを提供した。オーバーチュアの検索エンジンと広告システムを利用する。キーワード広告を収益源とし、5社で分配する計画。初年度1億円の売り上げを目指す。今後も辞書コンテンツ提供企業を募り、3年後に200万語収録が目標だ。

ネット上にはWikipediaのようなユーザー参加型無料辞書サイトがあり、Web検索からもさまざまな情報が得られる。新サイトは、プロが執筆・編集した信頼性ある情報のみを掲載することで、Wikipediaや検索サイトと差別化。「信頼性の高いサイトを構築する」と朝日新聞社の大西弘美デジタルメディア本部長は話す。企画の発端は、朝日新聞社とECナビが昨年6月にオープンした「みんなの知恵蔵」だ。07年に休刊した「知恵蔵」のコンテンツなどを公開しているが、「ユーザーから、情報の網羅性をもっと高めてほしいという声があった」(ECナビの宇佐見進典社長)ため、講談社や小学館の参加でコンテンツを強化。さまざまな企業が参加できる辞書プラットフォームとして再構築した。紙で出版している辞書と同じコンテンツがWeb上で無料で閲覧できるケースもあり、紙媒体と競合する恐れもある。Web向けに辞書コンテンツを初めて無償提供する講談社の吉羽治デジタル事業局長は「コンテンツのマルチウインドウ化ととらえている。より多くの人に利用してもらい、より広い形で収益を得たい。無料版と有料版は必ずしも競合しない」と話した。
(上記より抜粋)

朝日、講談社、小学館による辞書検索サービス Wikipedia対抗 :教えて君.net
朝日新聞、講談社、小学館が辞書検索サービス「kotobank」を公開した。三社のもつ辞書のデータベースを横断検索してくれるサービスで、参加型のWikipediaとは違い信頼のおけるコンテンツのみで構成されるとのこと。使い方は基本的に検索フォームで検索するだけ。トップページから辞書を絞り込んで検索することもできる。合致した言葉があれば辞典の内容を表示。複数の辞書や複数の候補があれば選択、絞り込みが行える。

検索対象となっているのは小学館の「大辞泉」や朝日新聞の「知恵蔵」などのメジャーなものからマーケティング用語辞典、デジタル用語辞典などおよそ50の辞書。能楽辞典なんてのもあり、検索しているとなかなか面白い。IE、Firefox用の検索バープラグインも用意されているぞ。

Wikipediaはあくまで百科事典なので、目指している方向が違うような気もしなくもない。テキストにやたらめったらリンクが貼られているさまはIT用語辞典を思わせる。検索結果の途中や下部にある広告も気になってしまうのはWikipediaに慣れすぎたせいだろうか。今後、信頼性のおけるソースとして使われるかどうか見守っていきたいところ。
(上記より抜粋)

「反日記者が捏造・歪曲した悪意あるデマのみを掲載」の間違いだろ?↑に朝日新聞が関わってるっていう時点でもうね。それ以前に、新聞記事やら報道番組やらで捏造・歪曲を平然とやってるクセして、「信頼性のある情報」なんて片腹痛いわ!中立的で客観的な視点から見た記事すら書けない連中に、そんなのが書けるわけないだろう!朝日だけじゃなく、毎日も読売も産経もみんなそうだ!自分達に都合の良い様にねじ曲げた情報を散々垂れ流しておいて、「ネットは信用出来ない」だのなんだのって、ふざけんじゃねぇよ!


※オマケ
子供ゲーマーのおよそ10人に1人が「ゲーム中毒」 米大学調査 - ITmedia News
あの悪名高い「ゲーム脳の恐怖」と同じ臭いがするぞ、コレ。第一、今じゃ有名な大学の研究者や、政府公認の調査機関でも平気で改竄や捏造をする時代(最近になって表面化した事例が増えてるっていうだけで、それ自体は何年も前からあったはず)だからな。鵜呑みにしちゃいかんわな。

「数カ月前から」中学生の娘に売春させた容疑の母供述/佐賀のニュース :佐賀新聞の情報コミュニティサイト ひびの
本来、「児ポ禁法」で厳しく罰せられなければならないのは、↑みたいな事例であって、そのための新たな規制と改正案が議論されていなければならないはず。それなのに、「二次元規制」やら「単純所持規制」など、あまりにも「百害あって一利無し」な規制や案ばかりが平然と議論されているのは一体どういう事なのか?「子供を守る為」とでも言えば、どんなに理不尽で不公平な規制をしても許されると?

ふざけるな!

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!