2009年04月14日

その日は日本にもきっとやってくる そう遠くない未来にな

テレビとインターネットの立場が入れ替わる日は近い? - GIGAZINE
若年層を中心に長時間インターネットを利用するユーザーが増えつつありますが、このまま増え続けると近いうちにテレビと立場が逆転するかもしれないことが、マイクロソフトがヨーロッパで行った調査によって明らかになりました。はたして日本でも同様のことが起きるのでしょうか。

マイクロソフトは2010年6月にはテレビの視聴時間にインターネットの閲覧時間が追いつき、逆転するかもしれないという調査結果を発表したそうです。これはイタリア、フランス、スペイン、ドイツ、イギリス、ベルギー、オーストリア、スイス、デンマーク、スウェーデン、オランダ、フィンランド、ノルウェートルコ、ジブラルタル、キプロス、ギリシアを対象として行われた調査で明らかになったもので、2010年には一週間当たりのテレビ視聴時間が11.5時間になると見込まれるのに対して、インターネット閲覧時間は14.2時間になると見込まれているとのこと。

このような逆転が生じると見込まれている背景には、現在18歳〜24歳の若年層がしばしばパソコンをテレビ番組を視聴するための唯一のスクリーンとして利用していることや、この世代の7人に1人がテレビを全く観ないこと、そして2008年のヨーロッパにおけるインターネット人口が2004年と比較して27%増加しており、全体のおよそ50%に達しつつあることが挙げられています。

ちなみに2008年のヨーロッパにおける一週間当たりのインターネット閲覧時間はおよそ9時間となっているそうですが、はたしてマイクロソフトが見込んでいるような高いペースでの成長は続くのでしょうか。また、テレビとの接触時間がパソコンとの接触時間の10倍にあたる日本では、テレビユーザーを取り込むために「テレビ版Yahoo!JAPAN」がサービスを開始するなど、まだまだテレビの優位が続くように思われますが、転換期がいつ訪れるのかが気になります。
(上記より抜粋)

日本も絶対そうなる。10年もしないうちにきっとな。だって、今のテレビ局の現状を見てれば、そう長くはないことは簡単に想像出来る。第一、ここ十数年はインターネットの方が軒並み力を付けてきてる。視聴率不振やスポンサー離れの原因を、他に責任転嫁することしか出来ないんなら、テレビがインターネットに逆転されてしまうのは時間の問題だわな。つーか、テレビなんて(アニメやオタク文化に寛容な)テレビ東京系列とCSさえあれば十分だっての。何をそんなに悪あがきしてんだかね。


※オマケ
YouTube韓国が動画のアップロードやコメント書き込みを禁止 :教えて君.net
「韓国人のインターネットユーザーは、住民登録コードや社会保険番号などの本人を確認できる情報を送信しなければ、ユニークユーザー数10万人以上のサイトには書き込みができない」ようになっちゃったんだって。あ〜、やだやだ。こんな悪法が日本にまで飛び火してきそうで怖いってばよ。だって、国会とか見てると、表現の自由を蔑ろにするようなこと言い出す輩がいるわいるわ・・・。

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!