2009年04月13日

だから、アニメや漫画を実写化するのは止めろと何度も

実写版『ドラゴンボール』アメリカで最悪なスタート!ファンも批評家もかなり辛口評価!? - シネマトゥデイ
4月10日、アメリカでついに映画『DRAGONBALL EVOLUTION』が公開された。ここでは、この作品に関するアメリカでの反応を配給会社、観客、批評家の声を通して紹介したい。本作は2,181館で公開されたにもかかわらず、興行収入は約4億6,500万円で、初登場第8位という最悪なスタートとなった。日本でも、最初の週末こそ興行収入で3位にランキングされたが、次週では8位、3週目にしてトップ10から消えるなど、観客動員は少なかった。
 
日本での散々な結果を受けてか、アメリカの配給会社20世紀フォックスは、辛口評価を恐れ、何と批評家や記者に対して試写会を行わないという強行手段に打って出た。駄作のホラー映画なら、公開ぎりぎりに試写会を行うケースもあるが、約100億円をつぎ込んだ大作なのに、試写会を行わないというのは異例中の異例。これは宣伝をしないと断言しているようなものだ。原作アニメが人気だけに、世界中の配給権だけで予算の半分を取り戻し、残りをアメリカの興行で取り戻そうとした20世紀フォックスは大きな判断ミスをしたようだ。20世紀フォックスの広報を務めるティファニー・チャンは「日本での興行が優れなかったため、かなりのプレッシャーをかけられた」と話してくれた。とはいえ宣伝がまったくないわけだから、当然の結果だったのかもしれない。

ではアメリカの観客はどうだろうか? タイムズスクエアにある映画館Regal E-walkで取材してみた。9歳のグレン・フロデゥル君は「アクション・シーンが詰まっていて楽しかったよ。原作アニメも観ていたけれど、ちゃんと面白い点にも触れていると思った。ただ、ジェット・リーや、ジャッキー・チェンのようなアクションのできる人たちが主役だったら良かったのに……」とコメント。ほかの子どもたちの評価もそこまで悪くはなかった。逆に大人となると「完全に原作を無視しているんじゃないかな? 原作アニメを知らなかった方がむしろ楽しめたかもしれないね。CGにはがっかりさせられたよ!」と辛口コメントもあった。

批評家の記事を掲載しているRottentomatoes.comを見てみると、ほとんど悪い評価が付けられている。ニューヨーク批評家協会(NYFCC)に所属し、日本のアニメにも精通しているディヴァ・ペレズは「子ども向けの映画のはずで、アニメも子ども時代からスタートしているのに、なぜストーリーを青年時代から始める必要があるのかわからないわ。子どものころの悟空のかわいらしさや、その小さい体からとんでもない力を出すのが彼の魅力なのに。それを省いてしまったら、ディナーでメインディッシュを抜いて食べているようなものよ! どうして映画『ハリー・ポッター』シリーズのように、段階を経てストーリーで伝えることをしなかったのかしら?」とコメントした。

ちなみに続編製作も始まってはいるようだが、今回の興行収入では、かなり難しくなっている上に、20世紀フォックスは映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(原題)の映像流出問題で、かなりナーバスになっている。果たして続編は本当に製作されるのだろうか? 動向が気になる映画である。
(上記より抜粋)

こういうのって、今流行ってんの?人気漫画や人気アニメをドラマや映画で実写化するのってさ。まぁ、完全オリジナルじゃあまりにもリスキーだから、原作の人気に肖って・・・っていう事なんだろうが、俺からすればこういう類の存在は不愉快きわまりない。だって、

どんだけ原作陵辱すれば気が済むんだ!

と。↑が良い例だもの。ゲームをアニメ化、漫画をアニメ化する時だって、殆どの作品で原作陵辱が蔓延してるっていう時に、実写化させるってなったら尚更な。どうしてこう、映像関係のヤツらは原作を蔑ろにしたがるのか。キャラやシナリオを使わせてもらってる立場なのに、上から目線で作者やファンを見下してるってどうなのよ。原作陵辱なんてされるくらいなら、アニメ化なんてしてほしくないわな。実写化なら尚更!


※オマケ
長島☆自演乙選手の衣装展、まんだらけでスタート 本人登場に黄色い歓声 - ITmedia News
政府公認のオタク差別が蔓延してるにも関わらず、この人は意外にも人気がある模様。まぁ、単なる物珍しさからっていう可能性もあるが(嘲笑)。ところで、↑に掲載されてる写真の中に、「阿部さん」が写ってるのがあるんだが、気になったのは俺だけ?

タスポはその後どうなったか 未成年のたばこ入手 - 47トピックス
あ〜あ、結局は税金の無駄遣いと天下り先を増やしただけで終わっちゃったな、こりゃ。コレをゴリ押してたヤツらは、どう責任取ってくれるんだ、あ?

痛いニュース(ノ∀`):TBS社員、「弥栄」で麻生首相を罵倒→「いやさかえ」であってると指摘されても謝罪せず
【2ch】ニュー速クオリティ:【弥栄】自信満々に麻生の誤読を指摘した産経、記事消去して逃亡
これこそが、

マスゴミがマスゴミたる由縁

なんだなって、熟々思う。

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!