2009年03月28日

アニメ業界の「下請けいじめ」よりも、政府による「サブカル業界&オタクいじめ」の方が深刻だと思います

アニメ業界の「下請いじめ」が明らかに。 夢描く業界で蔓延する制作現場の疲弊|弁護士・永沢徹 企業乱世を読み解く|ダイヤモンド・オンライン
――悪しき商習慣是正のため、経産省がガイドライン策定へ

先月22日に発表された第81回アカデミー賞において、外国語映画部門で『おくりびと』が、短編アニメ部門で『つみきのいえ』が受賞し、日本で大きな話題となった。アニメ作品においては過去にも、宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』が長編アニメ部門で受賞したこともあり、ここにきて日本国内で、国際的評価の高い日本アニメを見直す動きが出てきている。すでに政府は、アニメ産業を日本の重点産業として保護・育成する方針を打ち出している。

このように夢多き日本のアニメ業界だが、狭い業界であるがゆえに問題点も多い。今年1月に公正取引委員会が発表した実態調査(アニメーション産業に関する実態調査報告書)で、アニメ業界に蔓延する下請け制作現場の“疲弊”が明らかになったのだ。小規模業者が大半を占めるアニメ業界においては、発注者側が優位に立っていることが多く、不当に低い制作費や厳しい納期を押し付けられる、いわゆる“下請けいじめ”が蔓延しているという。
(上記より抜粋)

夢多き日本のアニメ業界?大ボラふいてんじぇねぇよ!それじゃ、「児ポ禁法」や「青環法」、自治体の「青少年健全育成条例」は一体何なんだよ。どれもこれも、アニメ業界を潰す気満々じゃねぇか!何勘違いしてんだか。

それにしても、経済産業省がガイドライン策定、ね。でもこれって、「千と千尋の神隠し」と「つみきのいえ」が、海外で賞賛されまくったからだろ?それすらなかったら、アニメ業界に見向きもしないどころか、「有害コンテンツを生み出す悪の巣窟」とか何とか言って、悪法による不当な規制で弾圧しまくってたはずだよな?マスゴミ連中もサブカル叩きするわ、規制推進派を煽るわでエライ事になってただろうよ。実際、アニメ業界を助けるふりして、裏で息の根を止めるチャンスを窺ってんじゃないの?ほぼ100%がオタク差別主義者、「自分が嫌いな物は規制されて当然」な身勝手議員の巣窟になってる政府を信用しちゃいかんわな。

例え、政府の規制推進派連中の陰謀を根絶やしにしたとしても、今のアニメ業界、特に制作現場の劣悪さはなんとかしなきゃならんわな。アメリカじゃ、ディズニーのアニメーターが豪邸おっ立てるほど稼いだ、なんて話もあるのに。日本じゃ、一日十数時間作業にかかりきりは当たり前で、その上、生活保護無しじゃマトモに続けられないほど安月給だそうじゃんか。こんな状況で、今までよく潰れずに済んだよな、アニメ業界。でもさ、アニメ会社の上層部の連中よ、解ってるだろう?このままじゃ、いずれ立ち行かなくなるって事くらい。


※オマケ
一部の小売店からPS3の在庫が消滅、新型登場や値下げなどの前触れの可能性も - GIGAZINE
そんな事より、上位交換の復活マダ〜?

秋葉原に「萌えるゴミぶくろ」−千代田区さくらフェスに合わせ販売 - アキバ経済新聞
オイオイ、何でもかんでも「萌え」にすれば良いってモンじゃないだろう?しかも、よりによってゴミ袋に。これじゃ、使う(ゴミ入れる→捨てる)のが余計忍びなくなるじゃないか、なぁ?

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!