2009年03月25日

ひょっとしたら、ゲーム業界を窮地に追い込んでる本当の原因は、こういう層の存在なんじゃないのか?

3人に2人が「家庭用ゲームをしない」 その理由は? - ITmedia News
CECAの調査によると、継続的に家庭用ゲームに接している人は約3割。家庭用ゲームをしない理由では「興味・関心がない」という意見が多かった。

継続的に家庭用ゲームに接している人は3人に1人――コンピュータエンターテインメント協会(CESA)がこのほど実施した調査でこんな結果が出た。家庭用ゲームをしない理由では「興味・関心がない」という意見が多い。家庭用ゲームへの関わり方やゲームに望むことなどについて、3〜79歳にアンケート調査した。有効回収数は1100。

「現在も継続的に家庭用ゲームに接している」と回答したのは29.4%とほぼ3人に1人。それ以外の人に、「家庭用ゲームをしない・しなくなった理由」を聞いたところ、最多は「ゲームに対して興味・関心がない」で45.2%。次いで「ほかにやりたいことや欲しい物がある」(45.2%)だった。携帯型ゲーム機に欲しい機能を聞いたところ、「音楽再生」(32.5%)、「インターネット接続」(28.5%)、「カメラ撮影」(24.9%)という順。「携帯電話同様に1台のゲーム機でいろいろな楽しみ方を望んでいることがうかがえる」とCESAはコメントしている。

最近の携帯型ゲーム機はネット接続機能を搭載しているが、「携帯型ゲーム機のネット接続を期待する施設」については、「ホテル・旅館」(30.9%)でトップ。以下は「電車・飛行機」(21%)、「病院・医療施設」(20.6%)と続いた。「家庭用ゲームをゲームプレイ以外の活用先として期待する分野」についても聞いたところ、「医療・リハビリ」(52.6%)と「教育・学習」(51.2%)がともに過半数を超えた。「健康増進・フィットネス」は37.8%だった。「本来のエンターテインメントに加えて、生活にもっと役立つ機能が望まれている」とCECAはみている。「ゲームに詳しい、またはゲームがうまい芸能人・タレント」で最多はよゐこの有野晋哉さん、2位は中川翔子さんだった。

PCと家庭用ゲーム機を使った「有料ネットワークゲーム(オンラインゲーム)」の市場規模は806億円と推計。家庭用ゲーム機をネットワーク接続し、ダウンロード購入するソフトやアイテムの市場規模は14億円と推計している。調査結果をまとめた書籍「2009CECA一般生活者調査報告書」を3月23日に発売した。「高橋名人の認知度」「非ゲームユーザーからみたゲームユーザーのイメージ」などの調査結果も掲載している。A4判・本文141ページで価格は5250円。回答データをExcel形式で収録したCD(1万500円)も、受注生産で販売する。
(上記より抜粋)

「音楽再生」に「カメラ撮影」って、そんなの

ケータイとIpodで充分だろ?

ゲーム機をゲーム機でなくす気なのか、こいつらは!ゲームに興味無いんなら、端っからゲーム機買うんじぇねぇよ!だから、パンピー(一般人)は嫌いなんだよ、全く。こういう連中に媚びたソフトしか出さないゲーム会社もそうだけど(特に任天堂。ゲームキューブの頃の、「ゲーム機にはゲームをプレイする以外の機能を付けない」っていうスタンスはどこ行ったんだよ?)、他の家電や携帯端末で事足りるっていうのに、なんでゲーム機にまでそういう要素を求めるんだか。

今では、そういう機能を付けられるだけ付けた方が売れる?バカ言ってんじゃねぇよ!いくらゲーム機を多機能にしたところで、ゲーム以外の要素ばかりを求めるヤツらが、ゲームソフトに金出してまでゲームすると思うか?ゲームソフトが売れてなんぼ、各メーカーのゲームに人気や支持が付いてなんぼの業界の筈なのに、「ハードだけ買って、ソフトは要らない」なんていうオチになるのが、関の山なんじゃないのか?こんな状況を放置しておいて「ダウンロード違法化」だなんだなんて、こっちにしてみりゃいい迷惑だっての。


※オマケ
かがり美少女イラストコンテスト実行委員会のページ  樋上いたるさんのイラストを使用した、「オウザン・デ・イマン・カフェ」オリジナルのクッキーとロールケーキが発売されます。
羽後町が、また新しい企画に乗り出すようです。頑張るねぇ、ホント。陰ながら、応援してますぜ。

受動喫煙防止条例案が修正の上可決、成立/神奈川県議会 : ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞
今朝のテレビでやってたんだが、この条例が「煙草の生産農家や販売業者に対しては、配慮の欠片も無い代物」だっていう事がよく解った。健康増進法といい、タスポといい、たばこ税増税騒ぎといい、一体俺らにどうしろと?死ねとでも言うのか?

2008年のネット上の違法情報の通報件数が過去最高の13万件超--警察庁まとめ:マーケティング - CNET Japan
あれから3年近く経つが、本当に大丈夫なんだろうな、この機関。裏に問題のありすぎる団体が付いてる以上、「不当なネット検閲や表現の自由の弾圧を、裏で平然とやらかしてるんじゃないか」なんて邪推したくもなるもの。この事について、もっと詳しく知りたいなら↓を見てくれ。
警察庁の『漫画・アニメ・ゲーム表現規制法』検討会問題まとめ @Wik - ホットラインセンター問題

posted by ACE-MAN at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!