2009年02月11日

「服屋にエルフの国に通じる扉がある」って、一体どんな都市伝説だよ

「しまむら」に行くとエルフに会える?00年代の都市伝説 :教えて君.net
80年後半〜90年代前半に流行した都市伝説。人面犬や口裂け女、トイレの花子さんなどが知られているが、ネットの普及にともないこういった噂はめっきり聞かなくなった。ところが最近、郊外型ショッピングセンターで新しい都市伝説が生まれているらしい。

「ファッションセンターしまむらにはエルフの国へと通じる扉がある」「異世界では甘味が貴重なため砂糖やお菓子を持っていくといい」。この都市伝説はふたば☆ちゃんねるを中心に話題になっていて、しまむら関連の都市伝説としてはほかにも、「試着室の鏡に吸い込まれる」「まったく動かない老婆」などがあり、場所はしまむらではなくジャスコの2階になっていることもあるようだ。元ネタは実話ナックルズの都市伝説本。小学生の間でしまむらが怪奇スポットとして噂になっているという記事からネットに飛び火したらしい。

「エルフ」という架空上の生物が世間に広く認知されたのが、80年代後半のファンタジーブームであったことを考えると、時代が一周した感があって感慨深い。
(上記より抜粋)

本当にあるんだったら是非とも行ってみたいもんだが、そんな事絶対有り得ないだろうしな。しかしまぁ、よりにもよって「しまむら」かいな。どんな経緯を経て、エルフの国に行けるなんていう話になったのかは知らんが、廃墟とか跡地とかじゃなくて、町中に普通に有る店っていうのがな。夢もへったくれもないっていうか。ファンタジーとかRPGとかが大好きな俺としては、もう少しそこんとこ考えてほしいと思うんだがな。噂を流したヤツも、それに手足付けたヤツもね。


※オマケ
「自他共に認めるオタク」4人に1人が麻生首相を支持、だが「定額給付金」には否定的:マーケティング - CNET Japan
総理大臣に就任したばかりの頃に、とあるイベントでオタク(文化)擁護とも取れる発言をした麻生太郎。だけど、この人をアテにするのは止した方が良いんじゃないか、って正直思う。だからといって、小沢一郎に総理大臣が務まるとは到底思えないしな。せめて、旧社会党の議員を全員議員辞職させてくれないと。

英語に苦心 大人なVOCALOID「巡音ルカ」ができるまで (1/2) - ITmedia News
二次創作を容認するんなら、18禁同人云々なんかにも寛容にならなきゃダメだって。こういうのは、ファンの創作活動有ってこそのモノなんだから。「エロだから」とか「自分達が気に入らないから」とか何とかいって禁止にばかりしてたら、育つものも育ちゃしねぇよ。

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!