2009年02月01日

ミスや事故を100%防ぐのは絶対に不可能とはいえ、もう少し何とかならかったもんかねぇ

Googleのありとあらゆる検索結果に「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」と表示される事態が発生 - GIGAZINE
2009年1月31日(土)23時40分ごろ、Googleのありとあらゆる検索結果に「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」と表示され、サイトを見ようとすると警告が出る事態が発生しました。Googleで検索すると警告の出るフレーズを他の検索エンジン経由で見たりブックマーク経由で見ると通常通り表示されるため、Google検索エンジンに不具合が発生したのかもしれません。2月1日(日)0時20分ごろ、修正が行われた模様です。

Google公式ブログで今回の原因がヒューマンエラーであるという報告がなされました。検索・ユーザエクスペリエンス担当副社長のマリッサ・マイヤー氏によれば、Googleは今回表示されたようなコンピュータに損害を与える可能性があるサイトのリストを非営利団体「StopBadware.org」から提供してもらって自動・手動の双方で管理しており、今日も手順通りにリストの更新を行ったところ、人的なミスによってリストに「/」が含まれていたためにすべてのURLが問題あるサイトとして判別されてしまった、ということのようです。Googleの担当チームがこのミスにすぐ気づき修正を行ったため、問題は現地時間6時30分(日本時間23時30分)ぐらいから7時25分(日本時間0時25分)ぐらいの約1時間で収まったというわけ。
(上記より抜粋)

Google検索の障害の原因は人的ミスだったことが判明 :教えて君.net
Googleの検索結果からほかのページにアクセスできなくなる障害が発生していたが、原因はURLの記述に関する人的ミスであったことが分かった。Goog;leの検索担当副社長のマリッサ・メイヤー氏がGoogle公式ブログで明らかにしたもので、同氏は謝罪も行っている。

1月31日の23時から2月1日1時にかけて、Goog;leの検索結果からのリンクがすべて、「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」というページに移動するという問題が発生した。本来はマルウェア感染の危険のあるサイトに表示される警告だが、対象となるサイトのリストを最新のものに更新する際、誤って「/」が含まれるURL、つまり全URLが対象に含まれるように設定したことがトラブルの原因とのこと。障害は1時間ほどで復旧したが、2chのニュース速報板ではスレッドが乱立、はてなブックマークの注目エントリも障害関連の記事が多く上がり、ネット界隈は一時混乱の様相を呈していた。
(上記より抜粋)

へぇ〜、こんなことがあったんだ。検索エンジンなんて滅多に使わないから、今の今まで知らなかったわな。それにしても、傍迷惑な話だよな。どんなサイトがヒットしても警告文出すなんて。↑を見る限りじゃ、人為的なミスが原因だったらしいけど、そこんとこ、もう少し何とかならなかったんかね?まぁ、どんなに優れていても100%はあり得ない、って解ってはいるんだけども。

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!