2008年10月27日

オタクに対して好意的なのは嬉しいけど、この人、本当に信用していいんだろうか?

アキバ総研-麻生太郎首相が秋葉原で街頭演説! サンデー/マガジン/ジャンプ/モーニングなどのマンガネタも-[秋葉原総合情報サイト]
10月26日(日)夕方、秋葉原駅前に麻生太郎首相が登場。総理大臣就任後初の街頭演説を行った。

マンガ好きとしても知られる麻生氏は、「ローゼンメイデン」という作品の読者であるという噂がネットで話題になり、オタク層から、「ローゼン閣下」「ローゼン麻生」と親しまれている政治家。2006年の自民党総裁選時にアキバで街頭演説した際は、「おたくのみなさん」とアキバユーザーに呼びかけ、2007年も同様に、「前回秋葉原に来たときに、「2ちゃんねる」に色んなスレッドが立った。正直驚いたが、よく読んでみると我々以上にこちらのことがよく書いてあった」といったオタクネタを展開していた。今回の秋葉原駅前街頭演説には、過去最高規模の聴衆が集まった。警備も厳重で警察やSPがあちらこちらで目を光らせていた。麻生氏が登場すると、「ローゼン!ローゼン!」といったおなじみのローゼン麻生コールとともに駅前は大歓声で沸きあがった。

演説の内容は、雇用問題や円高などの対策について。景気対策については、特に中小零細企業への支援を主張していた。また、得意のオタク論も健在。「最近は忙しくなってなかなかマンガが読めない」「先週のサンデーやマガジンは読んだが、ジャンプやモーニングはまだ読んでいない」とし、アキバ系の聴衆からは拍手と笑いが巻き起こった。さらに、日本のマンガを読むために日本語を覚えようとしている海外の若者が増えてきていることを例に挙げ、「世界を席巻している」と日本のサブカルチャーを絶賛した。
(上記より抜粋)

「若者よ、本物のオタクになれ!」、秋葉原エンタまつりに内閣総理大臣、麻生太郎氏がゲスト出演! - ファミ通.com
●秋葉原をサブカルチャーの聖地に!

コミックやアニメ、ゲームなどのエンターテインメントが秋葉原に集う“秋葉原エンタまつり2008”。開催最終日の2008年10月26日には、特別ステージとして“わが青春のマンガ論と日本のソフトパワー”と題されたトークショウが開催。マンガをテーマに、日本のコンテンツ産業の未来を語るというこのトークショウに、何と内閣総理大臣の麻生太郎氏が特別ゲストとして登場! マンガ家のさいとう・たかを氏と弘兼憲史氏を交えてマンガ談義に花を咲かせた。

直前の秋葉原での街頭演説を終えて、会場に駆け付けた麻生総理大臣。関係者らのフォトセッションを終えていざトークショウが始まるという段になって弘兼氏が、「マンガ関係者3人が残ってしまいました(笑)。子供のころはよく親から“マンガばかり読んでないで勉強しなさい!”と言われていましたが、マンガばかりを読んで育った3人がこんなに立派になりました(笑)」と挨拶すると、麻生総理大臣もうれしそうな表情。麻生総理大臣のマンガ好きはつとに有名で、秋葉原で開催されるイベントへの出演は願ってもない機会だったのかも。弘兼氏から「思い出のマンガは?」と振られると。本宮ひろ志の『男一匹ガキ大将』を挙げ、「少年ジャンプに連載されていたときは毎週欠かさず読んでいました。単行本を買った初めてのマンガだったと思う」などとマンガ歴の一端を披露してくれた。

また、トークショウでは、“オタク”という言葉がテーマに。それに対し麻生総理大臣は、「“オタク”には世間一般的に狭くて暗いというイメージがあるが、それはマスコミが作ったもので、僕自身はそう思っていない。オタクをやれるというのは、ある程度それで飯が食えて、自分の好きなことをやっていけるということ。こんな素敵な人生はないんじゃないかな。クラシック音楽のメッカはオーストリアのウィーンになっていますが、日本に来る海外の観光客の皆さんは、いまはだいたい秋葉原に案内してもらっているようです。ウィーンがクラシックの聖地なら、サブカルチャー、ポップカルチャーのメッカが秋葉原というように、(海外の人に)むしろ売っていったほうがいいんじゃないかと僕は思う。“オタク”をもっと前向きに明るいものに作り替えていったほうがいいんじゃないかな」とコメントした。それに対し弘兼氏は、「オタクはスペシャリスト。ファーブルは昆虫オタクだし、このあいだノーベル賞をもらった4人の方々もそれぞれがオタク。オタクから時代が発信されるので、“オタクの勧め”を考えたほうがいいのかも」と返すなど、両者とも“オタク”こそが日本の次世代を作ると感じているようだ。

最後に「次世代を担う若者たちへのメッセージを」との司会者の問いかけに対しては、さいとう・たかを氏が「何でもマニュアルで済ませてしまうのではなく、いちから考える努力をしてほしい」、弘兼氏氏が「オタクと言う言葉はけっして悪い言葉ではない。広く浅くでもいいので好きなものに取り組んで、そのなかから自分で発信できるものを見つけてください。人とは違うことを誇りに思って、自信を持って発信してほしい。オタクになることをお勧めしたい」とそれぞれコメントしたのを受けて、麻生総理大臣は以下の通りに語った。

「若者に対して思うことは、なんとなく新聞に書いてあることを見ると、だいたい(新聞に書いてある通りに)そうなるんじゃないか……と思う人が多すぎるのではないか。“自分はこう思う”というオリジナルが少なくなっている。ガイドブックなどでおススメのレストランを見つけて、なんとなくそれで済ませている。自分で店を捜すということをしない。自分のオリジナルを考えないと、本チャンのオタクにはなれない。オタクもどきになってしまう。なんとなく先が見えていないときは、自分で思ったことをやらないとダメだと思います」(麻生)

30分弱のトークショウはあっという間に幕を閉じた。日本がゲームやアニメ、マンガなどのコンテンツを、世界に向けての産業として力を入れ始めていることは周知の通りだが、日本の内閣総理大臣がこの手のイベントに出演するのは極めて稀なこと。 次世代の日本のコンテンツ産業を担う若者に向けての麻生総理大臣のメッセージはアツかった。
(上記より抜粋)

そんなにオタクをヨイショしてくれるんだったら、何故、オタクの敵である筈の野田聖子を大臣にした?二階俊博や舛添要一だってそうだ。実は支持を集めるためだけのリップサービスで、本当は裏でなんか企んでるんじゃないかって。邪推したくもなるわな、あの人事見てればさ。


※オマケ
ついにコミックスまでもが値上げへ - GIGAZINE
最近、いろんなものを襲ってる値上げの波が、とうとう漫画の単行本にまで及んでしまった模様。数年前なら300円程で買えた漫画が、今じゃ400円以上するようになっちゃったんだって。漫画は滅多に買わない俺だけど、何だか虚しいよなぁ。

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!