2008年10月17日

パソコンと健康について少し考えてみる

ネット検索は「脳トレ」になる? - ITmedia News
米大学の研究で、ネット検索は脳の機能を刺激し、向上させる可能性があることが示された。

コンピュータに詳しい中高年者にとって、インターネット検索は脳の機能を向上させる効果があるかもしれない。米カリフォルニア大学ロサンゼルス校がこのような研究結果を発表した。同校の研究者によると、インターネット検索は、コンピュータをよく使う中高年者において、意思決定と複雑な推理をつかさどる脳の重要な中枢部分を始動させる。Web検索活動は脳の機能を刺激し、向上させる可能性があるという。


単純な読書と比べてインターネット検索は選択肢が多く、どれをクリックするかという意思決定が必要となり、それが脳の認知回路を働かせると研究者は述べている。「Web検索のようなシンプルな日常的な作業が、中高年者の脳の回路を強化するようだ。これはわれわれの脳が敏感であり、年を取っても学習を続けられるということを示している」。また研究者は、検索未経験者も、もっとインターネットを使うようになれば、検索経験者と同じ脳の活動パターンが見られるようになるかもしれないとしている。
(上記より抜粋 一部改変)

(昨日の記事でも同じ様なのがあったけど)もしこれが事実なら、どこぞの「ゲームは有害」だの「インターネットは有害」だの言ってるロクデナシ連中の主張は覆された事になるな。まぁ、元々こういうの自体、自分勝手な思い込みや感情論ででっち上げた、証拠や根拠も無ければ科学的な裏付けも無いトンデモ理論なワケだけどな。


Business Media 誠:パソコンが原因? 視力低下の不安要素
日常生活の中で、ついつい酷使しがちなのが目。現代のライフスタイルの中で、視力が低下する不安要素が「ある」と感じている人は93.2%に達していることが、神戸クリニックの調査で分かった。

不安要素があるという人は、どのような要素が視力低下の要因だと思っているのだろうか。最も多かったのは「PC利用(インターネット)」で89.2%、次いで「PC利用(そのほか)」(66.2%)と、PCの作業などで目を酷使していることが、視力低下につながっていると感じているようだ。このほか「年齢」(42.6%)、「睡眠不足」(37.4%)、「テレビ視聴」(27.2%)といった意見も目立った。
(上記より抜粋)

「ゲームやネットのやり過ぎは視力低下を招く」っていうのは迷信じゃなかったの?ずいぶん前に「視力低下の原因は遺伝的なもののみで、(一時的に低下する事はあるが)目を酷使する事で視力が悪化するなどという事は無い」っていう話を聞いたんだが。それにしても、こういう迷信とか噂って怖いよな、「嘘も100回言えば本当になる(で良かったよな?)」なんて言葉もあるくらいだし。


新現代病の「パソコン腱鞘炎」に要注意!! | Web担当者Forum
Web担当者に限らず、仕事にパソコンは必須なものとなっています。しかし、そのせいで「新現代病」と呼ばれる病気も続々登場してきています。

最近では、何時間もキーボードやマウスの操作をしているために腱鞘炎にかかってしまう人が急増し、「パソコン腱鞘炎」「マウス症候群」という病名まで付けられています。手首に違和感を感じながらも、仕事は止められない。でも、悪化したら大変なことになってしまいます。痛くなる前にしっかりと予防をしていきましょう。

手の疲れを予防するアイテムとして、アームレストの使用をお勧めします。アームレストは腕や肩の疲れ防止だけでなく、何時間も不自然な形で固定する手首の緊張を和らげる効果もあります。キーボードだけでなく、マウス操作も腱鞘炎の元になります。マウスパッドやマウス本体もこまめに掃除し、摩擦力を最小限にしておきましょう。仕事中でも、少し手を休めて手首のストレッチをしてリフレッシュタイムを設けることも、能率アップにつながりますよ!
(上記より抜粋)

腱鞘炎、つまりはキーボードやマウスなんかの使い過ぎで手首を痛めてしまうって事か。パソコンをよく使うヤツが起こしやすい症状の1つだわな。それにしても、仕事とかで毎日パソコン使うようなヤツが腱鞘炎になったりしたら悲惨だろうな。手首が痛いのを我慢しながら、締め切りやら納期やらに間に合わせるために、黙々と作業せにゃならんわけだもの。腱鞘炎になったからって延期してくれるわけでもないし。ツライよねぇ、そういうトコ。


※パソコン云々とは関係ないけど、気になった記事があったんで↓。
マンナンライフ「蒟蒻畑」製造中止に「反対」ネット署名1万人 - ITmedia News
自民党内で今月10日、ゼリーの形状などを規制する新法制定が検討された。2006年中に食品を原因とする窒息で救命救急センターなどに搬送された事例はモチの168例が最多で、「カップ入りゼリー」は11例にもかかわらず、野田聖子消費者行政担当相は「蒟蒻畑」をやり玉にあげ、「モチはのどに詰まるものだという常識を多くの人が共有している」などと強調。はるかに危険なモチやアメには言及しない不条理に、一気に「蒟蒻畑」に対する同情論が噴出した。
(上記より抜粋)

さぁ、皆さん。声に出して叫びましょう!
また野田聖子か!

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!