2008年10月01日

とうとう、ブランド米まで萌えキャラ化されちゃったか

今日は何の日? 萌え曜日!:あきたこまちが萌え化!? 米袋に美少女イラストが施された新米は味も見た目も楽しめます - ITmedia +D Games
新米が我々の食卓に並ぶこの季節、米袋に萌え萌えなイラストが描かれた「あきたこまち」が登場! 事故米報道によってお米業界に漂う暗い空気を吹き飛ばしてくれる救世主となるか!?

 新米が店頭に並びだすこの季節に、秋田県羽後町のJAうごが、美少女キャラクターをパッケージイラストに使用した「あきたこまち」を発表しました。萌え萌えな女の子を描くのはなんと、アニメ化も果たしている美少女ゲーム「SHUFFLE!」や「らぶドル 〜Lovely Idol〜」のキャラクターデザイナー・西又葵さん。彼女が描く、黒髪の和服美少女のイラストで、“この萌え萌えな娘さんが新米を刈り取っているんだ!”なーんて妄想が楽しめちゃいます。

 イラストが描かれた表面部分は、切り取って飾ることができるように和紙でコーティングされています。また、購入した米袋の数だけ、原画を印刷したA4サイズのクリアファイルがもらえるという、うれしいサプライズも(10月15日まで)。ファンならば炊飯器を持っていなくても購入必至な一品ですね。


 JAうご担当者は、“イラストの方が注目されがちではいますが、お米の味の方も自信を持ってオススメします”とのこと。また今回、あきたこまちを購入してお米の味を理解してもらい、リピーターになってもらうことが今後の課題とも語ってくれました。

 さらに、西又さんとのコラボレーションはこれからも続けていきたいとのことで、すでにほかの野菜や果実のコラボや“春夏秋冬の羽後町を描く”なんて企画も構想中とか。

 若い人たちにお米の味を伝えるために生まれた今回のコラボ企画。こんな新米が堪能できるなら、いくらでも食べたくなってしまう萌え好きなファンも多いはず。今年の新米のデキを楽しみたい人もファンの人も、ぜひチェック!!
(上記より抜粋)

イイねぇ、これ。しかも、「萌え」云々には縁遠そうなところ(JAうご)がこういう事してくれたっていうのもね。こういうのがきっかけになって、もっと「萌え」やオタク文化への理解が深まってくれればいいんだが・・・(遠い目)。

※オマケ
今日は何の日? 萌え曜日!:あなたの妄想、CDにします。萌えるシチュエーションCDで気になる“萌えシチュ”を探そう! - ITmedia +D Games
↑も良かったが、これもイイなぁ。俺みたいな色恋沙汰に縁遠い男にとっては、こういうのは実にありがたいもんで。それに、今の世の中は、若年層(オタクなんかは特に)にとっては世知辛すぎるから、こういうのでも無きゃやってらんないもんな。

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!