2008年09月21日

ニートだのフリーターだの言う前に、これを何とかして欲しいもんだな

人間をボロ雑巾のように使い捨てる派遣法|すくらむ
ある派遣の青年が、仕事中にケガをして、頭から血を流しているのに、会社側は青年に対して、「君には選択肢が3つある。1つは自分で歩いて病院に行く。2つは会社にある薬を自分で塗る。3つは会社の車で病院に行く。ただし仕事が終わる4時間後だ」と言ったそうです。派遣労働者が仕事中にどんなにひどいケガをしても労災(労働災害)を隠蔽したいがため、絶対に救急車を呼ばないというのがまかりとおっているそうです。また、「労災をつかえば仕事がなくなるぞ」など労災隠蔽の脅しも日常茶飯事。

また、ある派遣労働者は、数年来仕事をしてきた派遣会社の人間に、コンビニに呼びつけられ、缶コーヒーをわたされて、「明日、解雇することになったから」と言われたとのこと。派遣会社側は、「1カ月前に解雇通告すると、次の仕事を探すためなどを理由に1カ月間仕事してくれないと困るから前日に解雇通告した」と、平然と言ってのけたそうです。

人間をボロ雑巾のように使い捨てるシステムを作り出した現代の『蟹工船』である派遣法は、抜本的に改正する以外にありません。
(上記より抜粋)

テレビとかじゃ、うるさいくらいよく言うよねぇ、ニートだのフリーターだの。最近じゃ「ネットカフェ難民」なんてのもあるな。しっかしまぁ、こんな状況で未来に希望を持てって言う方がどうかしてるよな。基本的人権なんざクソ食らえ、倒れようが怪我しようが関係無し、文句を言ったら即解雇、ニートになる若者が出ない方が不思議だっての。俺たちのような今の若い世代が社会人になったら、劣悪な環境で奴隷同然の扱いを受けて自殺するか、生活に困るほど安い給料で嫌というほどこき使われて過労死するか、このどっちかしかないんだろうね。

かくいう俺も今20代、そろそろ就職がどうこうなんて事を考えなきゃいけない時期に来てる。来てるんだけど、↑を見ちゃったらねぇ。ニートやってた方がどれだけ楽か、なんて考えちゃうって。でも、ニートになったらなったで世間の目が冷たいだろうし。ちなみに、日本という国は毎年3万人以上の自殺者を出してるそうで。最悪、俺もその3万人の中に加わる事になりそうだ。オタク(自称)×ニート予備軍なもんだから、尚更にね。

そういえば、明日投開票なんだったな、自民党の総裁選。次の総裁は麻生氏でほぼ確定な状況になってるらしいけど、仮にその人が総裁(総理大臣)になったとして、俺たちの未来は・・・正直どうだろうね。いつだったかの記事にも書いたけど、あの人が本当に若年層(特にオタク)の味方になってくれるのか、俺からすればぶっちゃけ怪しい。総理になって選挙終わったら、一体何する気でいるんだか。

posted by ACE-MAN at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!