2008年07月23日

他人には厳しく自分には甘いマスコミなんてもうイラネ

テレビや新聞で詳しく報道されない「毎日新聞英文サイト変態記事事件」、一体何が問題なのか? - GIGAZINE
インターネットのニュースによほど詳しい人でないと実は何も知らないに等しいのがこの「毎日新聞英文サイト変態記事事件」。

新聞やテレビなどでは散発的に取り上げられてはいるものの、内容があまりにも下品で性的な内容なので詳細に報道することもできず、週刊誌で取り上げられてもただのゴシップ記事と見分けが付かず信憑性が不明、ネットで調べてもヒステリックな論調でまとめられていて読む気すらなくなり、結局、何が起きているのかさっぱりわからない……という人も多いはず。

というわけで、GIGAZINE読者からも多くのリクエストがあったこの「毎日新聞英文サイト変態記事事件」について、一体何が問題なのか、何が起きたのか、そして今、どうなっているのかをまとめて見てみましょう。

〜目次〜
■そもそもの発端は毎日新聞の英文サイトに掲載された変態記事
■一体誰がこのような記事を書き続けたのか?
■度重なる問題点の指摘、でも誰も修正しようとしなかった
■2ちゃんねるに飛び交うコピペ、そしてまとめサイトの登場
■毎日新聞が対応ミスで炎上、火に油を注いで燃料大爆発
■mixiにて毎日新聞を訴える者が登場
■ついに毎日新聞社前でデモ、ネット経由で約1万1000人が生中継を見守る
■毎日新聞のサイトから広告が消え、収入源が消滅
■毎日新聞の変態記事で被害を受けるのは誰?
■毎日新聞はいつになったら、そして、何をすれば許されるのか?

※正確性を期すため、あえて引用部分を多くしていますが、できればそれぞれの引用元も上から下まですべて読むことをオススメします。また、あえて細かい経緯については触れていません。
(上記サイトより引用)

前々から、ネット上のいろんなサイトでこういう話を見聞きはしてたんだが、特に気にも留めてなかったわけよ、今までは。んでもって、↑のサイト見てみたらどうだい。この一件がどんだけ酷いものだったのか、一発で理解したよ、もう。俺としては、毎日新聞だけじゃなく、今までにオタク文化やインターネットを侮蔑するような報道をしてきたマスコミ全てに制裁を与えるべきだと思うね。この一件で、「広告主やスポンサーを離れさせれば、マスコミにとっては大打撃、ヘタすりゃ致命傷にもなりかねない」って解っちゃったし。それに、あちらの方々には、「今までにオタク差別をしてきたツケ」っていう事で、どんな制裁も甘んじて受けてもらわねば。一生掛かっても償い切れないほどの罪を抱えてるんだからな、連中は。

posted by ACE-MAN at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!