2008年07月10日

説明書も読まずにクソゲー認定とな?

いつだったかのテレビで、大抵の人が家電なんかを新しく買った時に、説明書や解説書なんかをロクに読まずに使い始める、みたいな事言ってた。これって、ゲームでもいえる話だよな。面倒臭いとか、早くプレイしてみたいからとか言ってさ。説明書なんか見なくたってクリア出来るなんて豪語するヤツほど、大抵やり始めて少しも経たないうちに「全然クリア出来ねー!なにこのクソゲー!」とか何とか言い始めるんだよな。ったく、ゲーマーの風上にも置けねぇわ。

ファミコンやスーファミが全盛だった頃のゲームなら、今のものと比べて操作がかなりシンプルだったから、説明書無しでもある程度はプレイ出来たかも知れないけど、今じゃそうもいかないでしょ?今出てるヤツで、たった2〜3個のボタンと十字キーだけでプレイできるゲームなんてある?あと、「最近のゲームは操作が複雑過ぎるからイヤ」なんて言う奴がいるけど、じゃ作る側は一体どうしろと?今のクォリティを維持したまま、操作形態だけ昔の水準に戻せと?我侭もいい加減にしろ!

え?俺はどうなのかって?もちろん、ゲームやるにしても新しく買った家電使うにも、必ず読んでるわな。ゲームも家電もそうだけど、中にはパッと見じゃ分からない(説明書を読まないと分からない)ような要素もあるんだから、「説明書なんか無くたって分かる」なんて考えはさっさと捨てるべきだって。あと、一見複雑そうでも、説明書をちゃんと読みながらプレイするなり使うなりしてれば、ちゃんと分かる様になってんだからさ。簡単なのに逃げてばかりいないで、ちゃんとやってみろって。第一、ああいうのは「どんな人間でも扱える事を前提にして作ってる」もんなんだから、な?

posted by ACE-MAN at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!