2008年07月04日

そろそろ、あの男が動き出すか

もう7月に入り、じわじわと夏らしくなってきてることもあってか、とうとうアイツが動き出すようだ。「稲川淳二」、怪談といえばこの人とまで謳われ、毎年この時期になると引っ張りダコになる。この人が製作にかかわったホラー漫画まであるくらいで、昔はこの人がメインの特番までやってたりした。今じゃ、こういう類の番組はあまり見かけなくなったけどね。

夏になると、ホラーやミステリーといった系統の作品がよく売れるそうな。まぁ、半ば名物と化してる感もあるしな。サブカル系だと、「ひぐらしのなく頃に」が有名かな、プレイした事無いけど。漫画やアニメだと、ホラー系は少数派だけど、ゲームだとホラーを謳ったものって結構あるよな。俺が知ってるヤツだと、「バイオハザード」「サイレントヒル」「クロックタワー」「かまいたちの夜」「零」「サイレン」あたりか。話によれば、「サイレン」はあまりにも怖すぎる所為でCMが放映中止になったとか。プレイした事無いからよく知らんけど。

そういえば、パロディとか二次創作って「コメディ」や「エロ」なんかはよく見かけるんだけど、「ホラー」が主体のヤツって全然見かけないよな?一般ウケしないのか需要が無いのか、はたまたやりたがるヤツがいないのかはわかんないが。別に、こういうのがあったっておかしくないようなもんだけど・・・やっぱりダメ?

<参考リンク>
稲川淳二 - Wikipedia
ひぐらしのなく頃に - Wikipedia
バイオハザード (ゲーム) - Wikipedia
サイレントヒル - Wikipedia
クロックタワー - Wikipedia
かまいたちの夜 - Wikipedia
零 (ゲーム) - Wikipedia
SIREN - Wikipedia

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!