2008年06月23日

二次創作やってみたいけど・・・

漫画・アニメ・ゲーム問わず、有名で人気があるものは、これでもかっていうくらいパロディが作られる。例えば、サブカル系のイベント絡みなら同人誌や同人ゲーム、ネット上ならWebコミックやSSといった具合。これらは、総じて「二次創作」なんて呼ばれる。ネットで検索すればいくらでも見つかるうえ、二次創作関連のみで収入を得ている人たち(同人サークル)までいる。これだけ盛んになっているのなら、俺も一つ二つはやってみたくもなるんだが、何が悪いのかいまだに手を出せないでいたりする。

実を言うと、俺は「一次創作のSS」ならやった事がある。随分前の話だけどな。既存のキャラクターやシナリオを使って書くより、一から自分で設定して書いていく方が得意なもんで。なら、やろうと思えば二次創作だって出来るんじゃいの?なんて言われそうだけど、なかなかねぇ。やった事無いから慣れてないっていうのもあるけど、「キャラの口調や言い回しなんかを完全に再現できる自信が無い」っていうのが最大の理由かな。オリキャラだったら、そういうのは全部自分で決められるから、かえってやり易いんだけどね。無理して書いても、誰かに見せて「こんな喋り方しない!」とか「こんなの偽者だ!」とか言われても嫌だし。たまに、すごく上手く書かれてる二次創作SSとか読んだりするんだけど、こういうのが描ける人って本当に羨ましいわな。

そういえば、同人作家や同人サークルからプロに転進した、っていうのが結構増えて来てるよな。有名どころを挙げると、同人奇伝ノベル「月姫」で大成功した「タイプムーン」か。ネット上で聞いた噂によれば、有名な漫画家が自分の漫画のキャラを使って、二次創作漫画を描いたりもしてるらしいとか。まぁ、だからって、どうこう言うつもりは無いけどさ。

それにしても、二次創作でやっても良い事と良くない事の基準っていったいどうなってるんだろうな。ギャルゲーメインのメーカーとかだと、二次創作のガイドラインとかを公式ホームページで書いてあったりするんだけど、メーカーによって基準がまちまちなんだよな。極端に厳しくしてるところがあれば、極端に緩くしてるところもあったり。こういうのって、みんな一定に出来ないもんかね。まぁ、二次創作を許すのはメーカーにとってマイナスにしかならない、なんて本気で考えてるロクデナシメーカーもあるくらいだしな。こういう商売っていうのは、二次創作という形で宣伝してくれるファン(オタク)がいてなんぼだろうってのに。

P.S.
アニメを録画されると利益が減るから「私的録画補償金が必要」と日本映像ソフト協会がめちゃくちゃな意見を表明 - GIGAZINE
警察庁の『漫画・アニメ・ゲーム表現規制法』検討会問題まとめ @Wik
言いたい事は分かるよね?

【関連する記事】
posted by ACE-MAN at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | サブカル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!