2008年06月16日

あえて古いゲームに手を出してみる

「ファミコン」や「スーファミ」が全盛期だった頃のゲームソフト。こういうのって、「レトロゲーム」なんてよく言ったりするよな。ゲーム機自体の販売は、既に終了しているにもかかわらず、規模が大きめの中古ショップなんかに行くと、(プレイステーションシリーズのソフトにはさすがに及ばないが)結構な数の中古ソフトが並んでいたりする。Wiiによる上位交換やエミュレーター云々のおかげで、ソフト自体の需要はいまだ根強いらしい。

ちなみに俺の場合、「レトロゲーム」というと大抵PSやSSが主流だった頃のものを指す。↑であんな事言っておいてなんだけどね。ぶっちゃけ、ファミコンのソフトよりも、プレステのソフトの方が馴染みがあるもんで。今でも、たまに引っ張り出してプレイするんだけど、今のものと比べるとやっぱり見劣りするよな。それでも、出来がいいものは結構面白かったりするんだけど、背景やキャラのグラフィックなんか見ると、ねぇ。サウンドなんかもそうだし。

まぁ、俺んとこはあまりゲームに金をつぎこめるような環境じゃなかったし、今までにプレイしたゲームもさほど多くない。それこそ、今までに発売されたゲームを全部プレイするでもしない限り、昔のゲームはどうこうなんて言えるわけないか。俺が今持ってるソフトだって、今までに発売されたソフトのほんの一握りだけなんだし・・・ところで、今までに発売されたソフトを全部買い揃えるとなると、一体いくら掛かるんだ?1億や2億じゃ足りないよな、絶対(汗)。

※セガが出したゲーム機、特にセガサターンやドリームキャストのソフトって、いまだに上位交換してくれるハードが出ないよな(3DOやPC-FXなんかもそうだけど)。結構欲しいソフトが多いんだけどねぇ、X指定(18推)のギャルゲーとか脱衣麻雀とか(笑)。SSやDCは2Dの処理能力がプレステより高いうえに、プレステよりも表現規制が緩いし・・・もしかして、こういう類のソフトが多いから、どこもやりたがらないっていうオチなのか?そうなると、やっぱりエミュレーターに頼るしかないのかねぇ。でも、こういうのって著作権絡みで色々問題抱えてるらしいから、出来ればあんまり触れたくないんだが・・・。

posted by ACE-MAN at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
情報商材インフォカート専用アフィリエイトで稼ぐツール
           
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!